1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「パナマ文書」日本関連は270社…衝撃の事実が明らかになった

タックスヘイブン(租税回避地)に関わる「パナマ文書」の共同通信による分析で、日本在住者や日本企業が株主や役員として記載された回避地法人が少なくとも270に上ることが26日分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年04月27日

171 お気に入り 311251 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○「パナマ文書」日本関連270社

世界の富の半分が、わずか1%の富豪や権力者に集中している実態が流出したパナマ文書で明らかになってきた。

「パナマ文書」に、日本に関連する回避地法人が、少なくとも270以上記載されていることがわかりました。

タックスヘイブン(租税回避地)に関わる「パナマ文書」の共同通信による分析で、日本在住者や日本企業が株主や役員として記載された回避地法人が少なくとも270に上ることが26日分かった。

○回避地利用が個人にまで広がっている実態が浮かび上がった

「パナマ文書」を公表したICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合に参加する共同通信の分析によりますと、日本企業では大手商社の丸紅や伊藤忠商事などが記載されていました。

コーヒー飲料大手UCCグループ代表者ら、大都市圏を中心とする三十二都道府県に約四百人(重複含む)おり、回避地利用が個人にまで広がっている実態が浮かび上がった。

○両社はいずれも脱税を否定

両社はいずれもビジネスのための出資だとし、「租税回避は目的でない」と説明しています。

このほか、ソフトバンクのグループ企業がやはり同諸島に〇六年設立された会社の株の35%を持っていたことも記されていた。

三井三菱は赤字で伊藤忠丸紅はパナマ文書か…マジか…

遅すぎる感は否めないが、パナマ文書に記載されてある日本企業や日本人の名前がようやく報道されはじめた。ソフトバンクには驚かないが、他にもいろいろあるな。

○UCCホールディングスも関与を否定

また、個人ではコーヒー飲料大手UCCホールディングスの上島豪太社長が、イギリス領バージン諸島にある企業の株主として記載されていることが新たにわかりました。

UCCホールディングスは「合法的に納税している。租税回避が目的ではない」と述べた。

大都市圏を中心とする32都道府県に約400人(重複含む)おり、回避地利用が個人にまで広がっている実態が浮かび上がった。

パナマ文書、日本は270の企業と個人。伊藤忠、丸紅、UCC、SECOMも国に税金納める気持ちを企業として持っていてほしい。

パナマ文書日本企業270社。 UCC、伊藤忠商事、丸紅、ソフトバンク、セコム。 マスメディアが取り上げないパナマ文書。 よほどヤバいらしい。 政府もスルー。 これが合法であれば法律を変えなければならない。 国民には増税、大企業は減税とタックスヘイブン。 日本の闇は深い。

○「タックスへイブン」の会社は40年で21万社も設立された

不正に入手した金や課税を逃れるために、税金の極めて低いタックスヘイブン(租税回避)地に設立した会社に資金を移し、運用して富を築いているのだ。

税金が極めて低いパナマや近隣の国や地域、「タックスへイブン」に会社を設立。

○このニュースはネットでも話題になっている

1 2