この情報が含まれているまとめはこちら

新宿で「暴動」 若者の反乱「全共闘」をふりかえる

18歳選挙権の導入に伴い、高校生の政治活動も一部自由化。実はこれ、大学紛争(全共闘運動)が盛んだった1960年代後半、高校にまで波及した学生運動を、当時の文部省が全面禁止にしたもの。当時は多くの大学がバリケード封鎖され、新宿では騒乱罪が適用されるなど「若者の反乱」の時代。教訓も込めて、ふりかえる。

このまとめを見る