1. まとめトップ

【情報漏えい】ウェディング業界の個人情報管理、大丈夫?【ずさん】

あまり表ざたになっていませんが、ブライダル業界において一部の心無い関係者が、顧客の無断の写真使用や、式場内で起こったトラブルその他を自分のブログやフェイスブック、電子書籍に無断で投稿している事例があるようです。お悩みサイトで時折見かけるこのようなコンプライアンス違反に、焦点を当てました。

更新日: 2019年05月28日

2 お気に入り 8707 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tamamirutanさん

結婚式を挙げるために提供した個人情報が漏えいされたり、写真を勝手にブログやHPに使用される例が出ている。

大半の式場関係者やフリーの方は、個人情報を保護する指針の通りに守秘義務を守っているものの、一部人為的なミスや、コンプライアンスへの意識の欠落から、新郎新婦や式の参列者の情報を漏えいしてしまう式場関係者がいる。

私の友人も披露宴の写真を勝手にうpされてました。
「私のときのカメラマンよかったよ」と紹介され、ググってみたら友人の画像が・・
彼女にそれを話すと、青ざめてました。掲載許可どころか、何も知らなかったそうだ。
あわててカメラマンに連絡をとり、全て削除させましたが、掲載されてから 結構時間が経っていたので、しばらくブルーになっていました。

顔が出ていないとか、個人が特定できないとか、そういう問題じゃないと思う。自分の画像が勝手にネット上に流される、それだけで十分気持ち悪いです。 でも結構、本人に許可とってなさそうな、カメラマンの日記を見るんだよな~。
特に個人でやってるところ。なんなんだろう。

ブライダルカメラマンによる、自分のブログへの無許可の写真掲載例です。また、記事内容の式場エピソードに対し、果たして新郎新婦の許可を得ているのが疑問な内容が掲載されている事例もあります。

披露宴の写真で顔出ししているものは、一応新郎新婦にブログ掲載許可取ってるんだよね?
本当ならこれとこれを掲載しますって
具体的に選んだ写真を見せてから了解を得るべきだと思うけど、
もちろんそこまでやってないんだろうなー。
簡単にOKしてしまう新郎新婦も迂闊っちゃ迂闊だよねえ。
私なら絶対いやだな。

宣材写真として使用する場合や、ブログ、HPに使用する場合、カメラマンは被写体の承諾がなければ使用できません。しかし、許可をしても、自分の式の記事とは全く無関係の記事に添付されることもあるので、記事に貼る場合は記事の内容を公開前に見せていただいたうえで承諾するか、無関係な内容への添付は承諾しないほうが良いでしょう。

何社かに会場資料を請求しました。請求後1週間ほど経ってから送ってきた会社があり、「資料送るのにこんなに時間かけて、やる気無いのかなー」と思いながらも封筒を開けてみたのですが…。案内資料のすべてが、会社のプリンターで印刷したもののようなのですが、何枚もあるうちの1枚だけが両面印刷だったんです。他の印刷物はすべて片面なので「なんだろう」と裏面をひっくり返したら、会場の案内とは全く違う文面が出てきたので

よく読んでみると、なんとその会場で挙式・披露宴をした(もしくはこれからする)カップルの、内容に関する文書だったのです。

この資料を受け取った方が会社に連絡をしお詫びを得たそうですが、新郎新婦のフルネームや式にかかった諸経費がすべて記された資料が同封されてきたそうです。受け取ったほうも困りますね。

たまたま家族が、プランナーやカメラマンの暴露話のような物をネットで見つけたらしく、中にはかなり深刻な(破談など)例も、匿名とはいえ詳細に書かれており、見る人が見たら自分の事じゃないかとわかるんじゃないか?こういうのは掲載するのに本人の許可を取っているのかな?と言っており 言われてみたら、と思いました。

さすがに破断の話を載せる許可が取れているかは疑問です。たとえその職を離れても、知りえた情報への守秘義務は生涯ついて回ります

結婚式の写真を撮ったカメラマンが、自分のFacebookなどに勝手に自分たちの写真を公開しています。
自分の仕事として投稿していますが、完全にカメラマンのプライベートなアカウントで、
こちらは何の知らせも聞いていないし許可もしていません。
この人や業者を訴えたりすることは可能なのでしょうか?とりあえず公開をやめさせたいです。

著作権はカメラマンにあっても、結婚式で撮影した写真は個人情報になるため、掲載には被写体の方の承諾が必要です。また、会社の個人情報指針で仕事で撮影した写真の個人使用などは禁止されているはずです。デジカメのデータを持ち帰っている・自分のカメラや携帯で二重取りをするような悪質なカメラマンもいるのでは、と疑ってしまいますね。

先日、結婚式と披露宴に行きました。
そこではブライダル会社の専任カメラマンがおり、私も友人と一緒のところで声を掛けられ、いくつか写真を撮られました。

結婚式から数日後、そのブライダル会社のFacebook記事にその写真が使用されているのを発見しました。
風景とは違い、私たちをメインに撮影されたものなので顔もハッキリと分かります。

私は自分に自信がなく、自分の写真が苦手です。もっと可愛く生まれたかったです。
そんな中で自分の写真を使われたことのストレスの他、そもそも個人情報を許諾なしに勝手に利用されたことに、ふつふつと怒りを覚えています。

会社自体にモラルがない場合も。こういう場合は即削除依頼を会社に申し出ましょう。

ブライダル関係者の見解

式場専属のスタッフの場合は雇用契約事項に、
フリーの業者は式場との業務提携契約事項の中に
おそらく守秘義務があると思いますね。

ただ、残念ながらこれって
ほぼ建前みたいなところがありますよね。

守秘義務は形骸化しているという意見も。

守秘義務ありますよ。
プライベートで友人との会話でも出しません。
ゲストのことならず、社名(ホテル名)も出すの禁止ですよ。

ネット掲載なんてもっての他です。

ヤフー知恵袋に掲載されていたブライダル関係者の守秘義務に関する回答です。実際は大変厳しい守秘義務が課されているようです。

一部の心無い業者のせいで業界の個人情報指針が疑われてしまう。

プロとしてお仕事で写真を撮っている人にとっては
写真を被写体の許可なく勝手に公開してはならないというのは常識です。
会社や事務所などに所属してれば、必ずそういった契約もありますし。
【中略】大半の良識ある(ていうか普通の)カメラマンが迷惑してる。
前にも出てたけど、こんな人のせいでお客様に疑われたり不安にさせてしまうのは、本当心苦しいです。

こちらはカメラマンの見解。同業も迷惑している。

大半のブライダル関係者の方は、コンプライアンスに基づき個人情報は漏らさないようにしています。しかし、結婚式を挙げる際には、打ち合わせの段階で守秘義務について確認をした方がよさそうです。電子書籍などで元プランナーを名乗る人が実体験のエピソードを公開している事例もあるとのこと。今後業界のモラルが問われます。

1