1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

絶対にハズれなし!台湾人も愛する「小籠包」の名店4選

台湾旅行で欠かせない小籠包!でも台湾には小籠包の専門店が数多くあってどこで食べたらいいか分からないですよね♪そこで今回は行って良かった!と思える小籠包の名店を4選載せてみました♡

更新日: 2016年04月28日

bena0826さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
241 お気に入り 27087 view
お気に入り追加

化学調味料を一切使ってない♡

明月湯包の小籠包が絶大な人気を誇る理由は、なんといってもそのスープ。スープの量がものすごく多いんです。あまりにスープが多いので、他の小籠包と違う、少しボテッとした形をしています。

「コスパ最高!」と観光客だけではなく地元民からも愛されている小籠包の人気店。絶品の明月スープ小籠包は8個130元で食べられます。小籠包は「アツアツを食べてください」というお店が多いのですが、ここの小籠包は冷めても美味しいと評判です。細部にまでこだわりぬいて作った皮がモチモチなのだそう。

化学調味料を使わないさっぱりした味わいで、皮は厚めでもっちり、大きめですがとても食べやすい。

世界のレストラントップ10に選ばれたことがある名店♡

ニューヨーク・タイムズ紙で「世界10大レストラン」に選ばれた本場台湾の小籠包の名店・鼎泰豊。

小籠包が看板料理の点心料理店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。1958年に台湾台北市で創業以来、日本を始めアメリカなど世界各国に進出しています。その美味しさは世界から認められ、1993年にはニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」の1つに選ばれました。

肉汁が豊富で、皮が薄く、餡が多いです。餡に使われている豚肉は冷凍ではなく、鮮度抜群。

口に入れた瞬間、中の具がフワっと溶けるような感覚。しかも見た目もきれいでひと口サイズ。シェフに技術があるからこそ、これだけの逸品が作り出せるんですね。

さっぱりしていて食べやすい♡

肉餡は、厳選された新鮮な黒豚肉を使用し、豚足や豚の皮などを混ぜ合わせ、コラーゲンたっぷりです。蒸し上がった蒸籠が運ばれてくると、美味しそうな香りと湯気が立ち込めます。

「京鼎樓(ジンディンロウ)」は必ずと言っていいほど、台北のオススメ小籠包で常にトップクラスに顔を出す。

ここの特徴は、とにかく「さっぱり」した味。肉もスープも上品で、あっさりした仕上がりになっています。食べてしばらく経ってみると、ほとんど胃がもたれていないことに驚くでしょう。

念願の京鼎楼の中身が얌dumplingタロイモ餡のと普通の小籠包 タロイモが美味しすぎる pic.twitter.com/oR4dmfQxLv

今日から台湾。休日移動であすから本格的に仕事。京鼎楼は小籠包。 pic.twitter.com/02oHrvsbSi

芸能人も訪れる♡

1 2





bena0826さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう