1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

実は仲良し!?「歌丸&円楽」落語界の派閥を越えた師弟愛が泣ける…

「笑点」ではディスりまくってるくせに、実は歌丸さんのことが大好きな円楽さん。いろいろ複雑な東京落語界において、派閥を越えた二人の絆についてまとめました。

更新日: 2018年07月03日

236 お気に入り 808188 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

korikori2さん

■桂歌丸の「笑点」司会勇退に三遊亭円楽が涙・・・

桂 歌丸
1936年8月14日生まれ。
1951年、5代目古今亭今輔に入門。
1961年、兄弟子・米丸門下に移籍。
1968年、真打昇進。
2004年より「公益社団法人 落語芸術協会」の会長を務めている。

日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の大喜利コーナーの司会を務める落語家、桂歌丸(79)が、5月22日の生放送を最後に司会を引退する

「体力の限界。歩くことが大変に苦しく息切れがしてしまう。これ以上続けるとスタッフや仲間に迷惑をかけてしまう」

「正直なところ寂しい。でも、踏ん切りをつけなければと思った」

6代目三遊亭円楽
1950年2月8日生まれ。
1970年、青山学院大学在学中に5代目三遊亭円楽に入門。
1981年、真打昇進。
「円楽一門」の幹事長。

三遊亭円楽(66)は「(降板を)聞いた時は、ぼう然というのが本当でした」と声を震わせた。

「安心したのが落語をやっていく欲があること。落語でずっとオッサンの背中を見ていきます。長生きしてください。『楽さん、もっと勉強しろよ』と叱ってください」

「芸の欲のある限り大丈夫。この前も車椅子を押させていただいた。だんだん背中がちっちゃくなってきた。でもちっちゃな背中が噺をやると背筋がピンと張る。笑点は卒業でも落語でずっと背中を見ていきます。だから長生きしてください」

■あれ? 歌丸さんと円楽さんって仲悪いんじゃなかったっけ!?

円楽は「笑点」で死亡ネタを始めとして歌丸をけなすネタを頻繁に繰り出しているが、歌丸から悪口を言うようにすすめられたことがきっかけ

「俺のキャラをそういうふうに作ってくれて、歌丸ディスるシリーズが出来た」

円楽が無遠慮な毒舌を吐けるのも、それだけ歌丸からの信頼が厚い証拠だろう。

二人の信頼関係あってこその「ディスり芸」なんですね。

「何度も何度も入院しているけど、1番最初に行っているね、お見舞いに」

円楽師匠のコメント。

「死んじゃダメだよ。何でもいいから長生きしてもらいたい。生きてるだけでいい」

歌丸師匠への熱い想い・・・。

■円楽さん、どんだけ歌丸さんのこと好きなの!?

普段では歌丸とは仲が良く、2人会等共演も多くメキシコで一緒に海外公演を行った。

笑点においては毎週死亡ネタ・ハゲネタなどで罵倒しまくっている6代目圓楽と歌丸であるが、笑点を離れれば6代目圓楽は歌丸に稽古をつけてもらったり、二人会を行い、国内外で共演をするなど関係は非常に良好である。

「自分には3人の父親がおり、1人目は実父、2人目は5代目圓楽、3人目に桂歌丸」

6代目・三遊亭円楽襲名時に発言。

楽太郎が六代目圓楽に襲名した時に歌丸に感謝の言葉を述べているほど、歌丸を尊敬している。

「桂歌丸を人間国宝にする会」
会長 六代目三遊亭円楽

六代目三遊亭円楽さんがインターネット署名サイト「Change.org」にて「桂歌丸師匠を“人間国宝”にしましょう!!」と呼びかけるとともに、署名活動を展開

我々の落語界の先人達の紡いできた落語の継承と進化に力を注ぐ歌丸師匠を人間国宝にしましょう。

歌丸師匠と行動を共にし、"父親"のように慕い、ついには「歌丸師匠を人間国宝にする会」まで発足・・・円楽さん、どんだけ歌丸さんのこと好きなの!!?

1 2 3