夢を操る―マレー・セノイ族に会いに行く (講談社文庫)

『夢を操る』

ノンフィクションライターの大泉実成氏が実際にセノイ族の人々と過ごし、彼らの夢見観の体験を綴った本も出版されている。

この情報が含まれているまとめはこちら

夢を操る不思議な民族、セノイ族に学ぶ “夢の活用法”

マレー半島の山岳部に住む先住民族であるセノイ族は、夢を自在にコントロールし、見た夢について話し合い、覚醒中は驚くほど感情を抑制し平和に生きる驚くべき文化を持った民族です。彼らが教える「夢見の技法」とは━━。

このまとめを見る