1. まとめトップ

【六本木】個性豊かな六本木駅周辺のおすすめカフェ情報まとめ

最新ファッションとグルメの街・六本木。和菓子の名店とらやが運営するカフェでオシャレな和スイーツを楽しんでもよし、日本随一のコーヒーが飲めるカフェで物思いに耽るもよし、女友達と新触感パンケーキ巡りをしてもよし。今回は東京・六本木のカフェ情報をまとめました。

更新日: 2016年05月07日

3 お気に入り 1117 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SAISA1さん

トラヤカフェ 六本木ヒルズ店 (TORAYA CAFE)

こちらは京都で生まれ5世紀にわたって菓子屋を営んできた老舗和菓子店「とらや」が新しく提案する「TORAYA」のカフェ。「TORAYA」のテーマは「とらやが作る、もうひとつのお菓子」。「和」の中に「洋」が見え隠れするデザートが、メニューに並んでいます。

六本木ヒルズといっても、「けやき坂」のほうにあって、静かぁな感じ。あんまり混んでなくて、コレはなかなかの穴場でした

葛ゼリー。もっちりとした弾力のあるゼリーに抹茶ソースがたっぷり添えられて。ゼリーの下にも餡が少ししいてあります。抹茶ソースは甘さ控えめで、とらやらしく、とっても抹茶味が濃厚。ゼリーの白餡と豆乳の風味はとても優しく、抹茶ソースをたっぷり絡めていただくと、まるで抹茶プリンのよう。

この「抹茶のフルーツパフェ」は、抹茶味のあんペースト、焼菓子、羊羹、葛(くず)プリンと抹茶をふんだんに使用した贅沢なパフェ。葛プリンの上にしのばせた、こしあんと黒糖寒天ゼリーがいいアクセントになっている。

六本木ヒルズには、トラヤカフェのために行ってきました。とらやのカフェだけど羊羹はなく、小豆を使ったスイーツがいただけます。しかし、何より美味かったのは左の小豆茶。超欲しかったけど売ってなかった。Amazonとかで探すしかないか…。 pic.twitter.com/mtrCkSr8dD

トラヤカフェ お茶類もおいしい。全粒粉スコーンの満腹感はすごい。パフェはラス1。 pic.twitter.com/z4PX2QRd54

ミカフェート (Mi Cafeto)

【電話番号】03-5771-4171
【営業時間】
[月~金]11:00~18:00
[土]12:00~19:00
【定休日】日曜日・祝日

知る人ぞ知るコーヒーの名店。自分としては、ここが世界で1番品質の良いコーヒーを提供するお店だと思っています。詳細は割愛しますが、ここには世界的にも極めて稀少かつ高品質のコーヒー豆を仕入れることができる、コーヒーの巨匠がいるのです。

さて、今日は表参道の裏路地にある本格コーヒーのお店を紹介!カフェ。。。というかコーヒー専門店というべきでしょうね。コーヒーハンター川島良彰氏のお店【MiCafeto】です(〃∇〃)

川島 良彰(かわしま よしあき、男性、1956年9月7日 - )は、日本のコーヒー栽培技師、コーヒーハンター、実業家。1999年、マダガスカルに絶滅危惧種のマスカロコフェアを探しに行ったことから「コーヒーハンター」と呼ばれるようになる。以降40年以上に渡り、世界50カ国以上のコーヒー農園(2,000以上)を年間100日以上渡り歩き、技術指導をすると共に、新しいコーヒーを探索している。

とはいえ、値段だけで見れば、このお店と変わらない値段のお店も珍しくはありません。しかし、それらのお店はたいがいがカフェ経営のお店なので、カフェとして継続するために高価格に設定しているだけです。それに対して、こちらはカフェよりも業務用販売、個人との年間契約に重きを置いているため、カフェでの価格はむしろ割安に設定しています。

ハートのラテアートでやってきました。
やっぱり寒い日はカフェラテだわ~。
ブラックより身体が温まる気がします。
美味しいスチームミルクの奥にコーヒーのコクを感じながら
ソファでゆったり~

メレンゲなう。ぐんちゃん六本木Mi Cafetoへ。おしゃれイズムで直人王子も行ったお店ですよね(^O^) ちょっとお高いけど興味津々。が、リダはコーヒー苦手だからなあ、リダは行かないなあ(笑)

今日はコーヒーハンター川島さんとのコラボセミナーの打ち合わせで六本木ミカフェートに行って来ました。美味しいチョコとコーヒーの組み合わせ、やはり最高です(*^^*)

今日初めて六本木の Mi Cafeto いったけど、美味しかった。コーヒー豆がシャンパンボトルに入ってるという

1 2 3