1. まとめトップ

病が続いている西田敏行さんの体調が心配...

探偵ナイトスクープの司会でお馴染みの俳優「西田敏行」(にしだとしゆき)さん。4月には頸椎(けいつい)を亜脱臼し手術を受けたばかりでしたが、今度は胆のう炎に。復帰は中々厳しい状態のようです。西田敏行さんの体調が心配です。

更新日: 2016年08月26日

0 お気に入り 5561 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

西田敏行さん

公式サイトは味があっていい感じ?

『探偵! ナイトスクープ』の収録で、頸椎を亜脱臼していたことを告白

数日前に、『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の収録で、頸椎を亜脱臼していたことを告白したと、スポーツ紙が報じたばかり。マスコミの注目が集まったのも無理はない。

その状態で挑んだアカデミー賞の司会は辛そう・・・

その後の手術は無事成功でした。

2月に自宅のベッドで就寝中に転落し、首を痛めて頸椎(けいつい)亜脱臼と診断された俳優の西田敏行(68)が19日、都内の病院で4時間半におよぶ手術を受け、無事成功した。

そもそも頸椎(けいつい)の亜脱臼って?

亜脱臼は骨同士に力が加わって関節がズレている状態です。首の頸椎の中に脊柱管という神経の通り道があり、その中には脊髄という中枢神経があります。それがズレることによって狭まると、手足の痺れという症状になって表れます」

西田さんはベッドから落ちただけでしたが・・・

寝ている間は無意識ですから、自分の意思で身体をコントロールできなくなります。普段とはまったく異なる力が加わりますので、ベッドから落ちただけでも頸椎を痛めてしまう可能性はあります

仕事復帰には時間がかかるそうです

固定して骨がくっつくまでには時間がかかりますから、仕事に復帰されるまでには何か月か要するかもしれません

実は2001年には頸椎脊髄症と診断されていました。

手足がまったく動かないということではないようだが、不自由を強いられているのは確か。西田は'01年に頸椎脊髄症と診断され、手術した経験がある。

ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが不器用になったり、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったりという症状が出ます。手足のしびれも出てきます。

「以前にも手術されたということは、西田さんは、もともと神経の通り道が狭いほうなのかもしれません。だとすると、ズレが少しであっても神経症状が出てしまうおそれがあります」

今回は「胆のう炎」に・・・

1 2