1. まとめトップ

100%のワンちゃんが食べるドッグフードとは?

とっても大切な家族にはちゃんとした物を食べさせてあげたいですよね

更新日: 2016年05月12日

dktpkm18さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 579 view
お気に入り追加

そんなドッグフードあったんだ…!

市場には数多くのドッグフードがあり、その中からどのドッグフードを選択するか、飼い主としても悩みますよね

それぞれのドッグフードには良い所も悪い所もありますが、そんな数多くのドッグフードの中でもいいと評判のドッグフードがカナガンです

カナガンでは、“穀物完全不使用”のレシピを採用しており、使用するすべての原材料は、愛犬が栄養を摂取できるものだけを厳選

カナガンで使用している原材料は、すべて人間でも食べられるほど、高品質で新鮮なものを厳選しています

多くのドッグフードには…

市販のドッグフードは小麦等の穀物類(グレイン)が多く含まれています。
穀物はアレルギーや消化器官の不調などの原因にもなっている

ドッグフードの中には、腐らないように防腐剤が大量に入っていたり、わんちゃんの食いつきをよくするために、風味材が使用されている場合があります

こういった食品添加物には、「発がん性がある」「腫瘍ができる」「栄養の吸収を妨げる」など体に悪影響を及ぼす

カナガンドッグフードの良さ

カナガンドッグフードはトウモロコシ・小麦・大麦の穀物不使用。

犬にとってトウモロコシや小麦などの穀物は、消化器官の異常や皮膚のトラブルなどを引き起こしやすい

高品質なチキンをメインに使用し、人間でも食べれるレベルの原材料のみを使用。
動物性の原材料が全体の60%と多く含まれており、肉食のワンちゃんに最適の栄養バランスです。

人工添加物や肉副産物はもちろん、着色料・香料・保存料は一切使用していないため、安心してワンちゃんが食べれます。
トウモロコシ・小麦・大麦などのアレルギーが出やすい穀物は使っておらず、炭水化物として整腸作用があるサツマイモを使用。

酸化防止剤にもこだわっており、ハーブミックスを使用。
脂肪分としては、「サーモンオイル」を使用。
オメガ3系の必須脂肪酸であるEPA・DHA・α-リノレン酸を多く含んでおり、アトピー体質改善にも最適

またミネラル豊富な海藻やオリゴ糖、関節をサポートするグルコサミンやコンドロイチンも含まれています

またマリーゴールド、ひまわり、クランベリー、カモミール、西洋ハッカなどのハーブ類も入っていてナチュラル感たっぷり

本来、犬等の栄養素の理想的な割合は60%が動物性タンパク質で残りの40%が野菜等
カナガンドッグフードは肉の割合が高いので、この本来の理想の割合に近づけたドッグフード

穀物アレルギーじゃない犬もタンパク質の多いドッグフードを食べていると余分な脂肪が落ちて、健康を保てるそうです

こんなワンちゃんには特にオススメ

1 2





dktpkm18さん

色んな事をまとめます。