1. まとめトップ

可愛い愛猫のために♡安全なキャットフードを選ぼう

可愛い愛猫にあげるキャットフードは、出来る限り安全なものを選びたいですよね。手作りが一番安全ですが、なかなか難しい時も多いと思います。そんな時は出来る限り安全なキャットフードをあげましょう。

更新日: 2016年06月17日

1 お気に入り 1972 view
お気に入り追加

中国産は出来る限り避けましょう!

AFPによると、主に中国から輸入したペット用のおやつ(ジャーキー)を食べた飼い犬や飼い猫が、病気になったり死亡したりする例が米国で相次いでおり、FDA(米食品医薬品局)が調査に乗り出したとの事だ。

2007年以降、このジャーキーを食べた事によって病気になった可能性がある例は3610例(うち猫は10例)でその内約580例が死に至ったらしい。3610例中580例・・・酷い数字だ。

これは酷い…!耳を疑うニュースですね。

実は中国産のペットフードが原因と考えられるペットの死亡事件は今回が初めてではない。ペットを飼っている人の中には知っている人もいると思うが、2007年に少なくとも1950匹の猫と2200匹の犬を含む8500匹のペットが死亡したという大事件が起こっている。

この時の原因は、中国の業者がタンパク質含有量を多く見せかけてごまかす為に混ぜた化学物質メラミンおよびシアヌル酸と考えられている。同じような悲劇が再び繰り返されたという事だ。

「4Dミート」は避けよう!

4Dミートとは、
「Dead(死んだ)」
「Dying(死にかけている)」
「Diseased(病気の)」
「Disabled(けがをした)」

これらの英単語の頭文字である4つのDをあわせて呼ぶ、
食品として不適格な肉類のこと。

スーパーやホームセンターで売られている安価なキャットフードの中には、私たちが食べることに適していない「肉」(専門用語で4Dミートと呼ばれます)が含まれています。
これらの4Dミートを使うことで低価格でキャットフードを売り出せるのです。

成分表の表示にミートミール、肉骨粉、肉副産物、家禽副産物 とあれば、これらの4Dミートが使われているキャットフードです。

半生タイプは超キケン!!

半生タイプのキャットフードは、市販のペットフードの中で最も危険なものとされています。

添加物・着色料・防腐剤が過度に使われているだけでなく、糖分も高いため、猫の健康を害します。

愛猫が半生タイプを好むのは、本物の肉に似せて作った加工物であるということを覚えておきましょう!

穀物系も避けるべき!!

穀物を摂りすぎてしまうと、毛並みのツヤがなくなったり、病気がちになったり それがひどくなると、内臓の病気や、皮膚の病気につながる可能性もあります。

成分表示で「焼きトウモロコシ」「コーングルテン粉」「小麦粉」などあればなるべく避けるようにしましょう。

いつまでも健康でいてほしいから

極端に言えば「人間でも食べられるキャットフード」
これが一番、愛猫にとっても安全ということ。

出来る限り安全なご飯をあげて、いつまでも元気に過ごしてもらいましょう!

1





flyandmove4419さん

猫と健康オタクです!
猫のこと、健康のこと、記録という意味も兼ねて綴っていきたいと思います!

このまとめに参加する