1. まとめトップ

【スーサイド・スクワッド】映画キャストを原作と比較【以外と原作基準?】

観る者の心をつかんで離さない悪役たちの怪しい色気と、ヒーローものの正義VS悪の方程式を覆す悪VS悪の物語「スーサイド・スクワッド」のキャストと漫画で徹底比較

更新日: 2016年06月22日

12 お気に入り 95571 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

patanusさん

スーサイド・スクワッド

バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄されたビラン(悪役)たち。死刑や終身刑を言い渡された極悪人たちは、政府の秘密機関の目論みで、減刑と引き換えに自殺行為に等しい任務を強制される部隊“スーサイド・スクワッド”への入隊を余儀なくされる。

悪VS悪の物語「スーサイド・スクワッド」のキャストを原作と比較

娘さん的な子供を抱きしめていたり、ウィル・スミスのイメージ的に悪に染まるしか道がなかった的な感じで、観客が一番感情移入するようにされてそうな気がしないでもない。

基本的に何者かに雇われる形でターゲットを狙撃する。その腕は百発百中で「死の一弾」が敵を貫く。失敗をしない事で知られているが、バットマンが関わった案件に関してはそのほとんどが失敗している。

予告編から広告塔のように出まくりのマーゴット・ロビーさん、ぶっ飛びまくった発言と行動。ファムファタール的なヒロインになるのかな…
ジョーカーとのシド&ナンシーばりの狂ったラブロマンスにも期待したいですね。

アーカムアサイラムに勤務していた精神科医の一人に過ぎなかったが、ジョーカーの歪んだ精神構造を解こうと研究するうちに魅了され、恋に落ちてしまう。 ジョーカー脱走の手助けをしたことにより医師免許を剥奪、更に精神異常と診断された彼女は、ジョーカーを模倣してピエロのような姿をしたヴィランと化し、ジョーカーと組んで犯罪を繰り広げるようになった。

スーサイド・スクワッドをまとめあげるリーダー的な位置にいて、命令は絶対といわんばかりの行動がチーム内亀裂を産むのかな…
ぜひ注目したい。
ロボコップ、ランオールナイトとキャリアも着々と積んでいるジョエル・キナマンだけに。

3代にて自殺部隊のリーダー格であるリック・フラッグ。どの代が本作のリックに当たるのかは不明ですが、格闘をメインに戦います。

予告編のMVP、最強のコメディリリーフになりえそうな存在感。映画での活躍が一番期待できる。
ぜひ、卑怯な手を使って、どんどん嫌な役になってほしい。

キャプテン・ブーメラン初代と二代目と二人いる。ヒーローのザ・フラッシュのヴィランとして登場。名前のとおりブーメランを武器に戦います。

予告編でのデッドショットとの絡みがおもしろかっただけに本編でも気になる男。
自信のない最弱の悪でも持ってる力は最強みたいな形になるのかな。

1 2 3