1. まとめトップ

飼育するのは危険...!?世界中の「危険な犬種」*6選*12.26更新

元々生まれ持った性格(性質)が攻撃的だったり、しっかりとしたしつけをしなければ危険な存在になり得る、そんな犬種をまとめてみました。

更新日: 2017年12月26日

2 お気に入り 213107 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PERUCHANさん

American Pit Bull Terrier(Pit Bull)(ピットブル)

アメリカ合衆国で改良された闘犬用の犬種である。通称はピットブル等で、アメリカン・ブル・テリア、スタッフォードシャー・テリアなどとも呼ばれる。噛む力が強く、攻撃的な性格で、人間を死亡させることもあるため、複数の国で輸入や飼育が禁止されている。

1870年代にイギリスからアメリカ合衆国に輸入された闘犬用のスタッフォードシャー・ブル・テリアから作出された犬種である。

闘犬として育種されてきた犬種であるため、筋肉質で力が強く、身体能力は高い。必要運動量は膨大で、毎日2時間以上の運動を1~2回必要とする。

闘犬の一種であるため、突発的な攻撃性も含めて飼育者およびその家族の完全な制御下におく必要があり、犬の飼育初心者や興味本位で飼育するのは困難である。人間に重傷を負わせたり死亡させる事故も多発しており、米国疾病対策センター (CDC) の調査によると、1979-1998年の20年間における犬を起因とする人間死亡事故238件のうち、犬種別で1位(66件)に位置した。また、同国の2012年時点の調査では、飼育されている犬にピット・ブルが占める割合が6%なのに対し、死亡事故原因の61%を占めた。被害者のうち半数は飼い主と家族、もしくは同居人である。

ある研究では、ピットブルは子供を見かけただけで無条件に攻撃する確率が95%で、その他の犬が35%ほどであることに比べるとかなり獰猛な犬種であることがわかります。

実際にピットブルによる攻撃で命を落とした子供がたくさんいるので、しつけを間違うと殺人犬になりかねません。

豪州、エクアドル、マレーシア、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、ベネズエラ、デンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、ポーランド、ルーマニア、ポルトガル、スペインでは、犬種指定による法的規制が存在し、輸入と所有が禁止や制限されている。豪州のニューサウスウェールズ州では強制的避妊を含む厳しい規制がある。
米国でも市・郡によっては所有が禁止されている。カナダのオンタリオ州でも所有禁止。英国では所有禁止4犬種のうちの一つ。

Pit Bullの身体能力の高さがよく分かる動画です。

Doberman(ドーベルマン)

19世紀末、ドイツのテューリンゲン州に住んでいたブリーダー、カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマンによって警備犬としてジャーマン・シェパード・ドッグとジャーマン・ピンシャー、ロットワイラー、マンチェスター・テリアとの交配により生み出された。ドーベルマン・ピンシャー、ドーベルマン・ピンシェルとも呼ばれる。カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏は税金徴収官を仕事としていたため普段より現金を持ち歩くことが多く、優秀な警備犬の必要性を感じ、この犬を生み出したとされる。

体毛は極短い。体は細身だが全体的に筋肉質で敏捷性、走力に優れる。その優美な筋肉質のスタイルから「犬のサラブレッド」とも呼ばれる。

労働犬・警備犬として品種改良した犬種であるので、難しい訓練にも耐えられる非常に頭の良い犬である。軍用犬・警察犬・麻薬探知犬・番犬・盲導犬等として訓練され各分野で活躍している。飼い主に対しては非常に従順であり、強い忠誠心と忍耐力を持つが、家族以外の人間、他の犬に対しては警戒心が極めて強く、縄張り意識も高い為攻撃的になり易い側面を持つ。 飼育する場合は厳しい訓練や適切なコミュニケーション、十分な運動を行える生活環境が必須であり、初心者には向かない犬種と言える。

近年評判の良くなりつつあるド―ベルマンですが、その体格と攻撃性はいまだに恐ろしい部分を秘めています。

Rottweiler(ロットワイラー)

ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州のロットヴァイル(Rottweil)地方原産の牧牛用・警備用の犬種

旧称はロットワイラー・メッツァフンド(Rottweiler Metzerhund、メッツァフンド=屠殺人の犬)であるが、イメージが悪くドイツの歴史上の問題もあり現在は「ロットワイラー」と称される。

紀元前にローマ人がもたらしたモロサスタイプの犬が先祖である。これはもともと闘犬として使われていた犬ではあるが、パワフルでかつ頭の切れる優れた犬たちであったため、牧牛犬として改良されてロットワイラーが誕生した。

1990年代前半アメリカで犬にかまれて亡くなった人の半分はロットワイラーにかまれて亡くなったそうです。

タフな体力と鋭い歯を持ち合わせており、噛む力は120kg以上あると言われている

2005-2013年の米国とカナダにおける人間死亡事故539件中、ピットブル275件、ロットワイラー85件。米国疾病対策センター(CDC)の調査によると、米国での1979-1998年の20年間における238件の人間死亡事故のうち、ピットブル1位(66件)に次ぎ、2位(39件)に位置する。

日本においても、2009年には4歳男児が秋田犬とロットワイラーにかまれて死亡した事故や、 2013年には22歳の大学生がロットワイラー5頭にかまれて重傷を負う事故など、ロットワイラーによる事故が起きています。

参考: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC_(%E7%8A%AC%E7%A8%AE)

Boxer(ボクサー)

比較的新しい犬種である。直接の祖先は、ドイツおよび近隣諸国で何世紀にもわたって活躍したマスティフ系統の獣猟犬、ブレンバイザーとされる。

1 2