1. まとめトップ

人気ドラマ「きみはペット」がリメイク!志尊淳は松潤を超えられる?

小川彌生原作の「きみはペット」が、志尊淳×入山法子×フジテレビでドラマ化されることになりました。13年前にも松本潤×小雪×TBSでドラマ化され話題になり、今でも「モモ役は松潤のイメージが強い」と言われるほど。志尊君はジャニーズタレントである嵐の松本潤を超え、視聴率を取れるのか!?

更新日: 2017年04月16日

2 お気に入り 119409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oriorinoutaさん

原作は小川彌生による漫画

『きみはペット』(英: Tramps Like Us)は、小川彌生による日本の漫画作品。2003年に第27回(平成15年度)講談社漫画賞少女部門受賞。

講談社の漫画雑誌『Kiss Carnival』2000年6月号に『PET』という題名で読み切りとして初掲載された後、同年10月号から12号まで短期連載。その後、現在の題名で『Kiss』にて2000年から2005年まで連載された。2003年にTBSにてテレビドラマ化、2011年に韓国で映画化された。単行本は数か国語にそれぞれ翻訳されており、TOKYOPOPから英語・ドイツ語版、クロカワからフランス語版、スターコミックからイタリア語版が発売されている。

登場人物は

身長170cm。物語開始時、27歳。東京大学卒。ハーバード大学に留学・卒業後、巷談新聞社に入社。エリート路線である外報部に所属したが、失恋の痛手で、部長の差し歯を折って生活情報部に左遷される。そんな中、武志(モモ)を拾いペットとして面倒を見ることに。作中では、ほぼ片仮名で「スミレ」と表記される。会社では、クールビューティーで仕事の出来るキャリアウーマンと評判だが、本当は恋愛に不器用で繊細な性格。

赤茶の巻毛の美青年。身長164cm。物語開始時、20歳。幼少期より、母や姉の影響を受けてクラシックバレエを習う。4人の姉を持つ、5人姉弟の末子。女系家族に生まれた為、女性の扱いに慣れており、スミレを癒す存在となる。ストレスによる神経症の持病があり、最初の留学時にペアを組んだバレエダンサーを再起不能にしてしまう。失意の中、日本に帰国した際、トラブルに遭い、ダンボールに捨てられた所をスミレに拾われペットになる。尚、モモという名前は、スミレが昔飼っていたペットに似ていたから。

身長183cm、東京大学卒。スミレが入部していたフェンシング部の先輩。巷談新聞入社後、外報部所属。香港支局へ配属されるエリート。スミレ曰く「外報部には例外的なイケメン」で高身長、高学歴、高収入という絵に書いたような3高。格闘技も強く、非の打ち所がない。弟が1人いる。 東大在学中に付き合った恋人と結婚する予定だったが、スミレと強引に一夜を過ごし、破局。就職後、香港支局での恋も実らず、帰国したその足でスミレに会い告白。天然ボケな上に、視界の狭さから来る強引さで恋愛には積極的。関心のない女性には見向きもしない一途さもあるが、非常にモテるので困っていないという向きもある。

スミレの幼馴染。パイロットの夫と娘の3人暮らし。現在は少々肥満体質だが、学生時代は誰もが認める美少女であり、様々な男と付き合っていた。陰では姑のことを大魔神と呼んでいる。最終的な家族構成は夫・信一と娘のラン、アヤメの4人。

ストーリー

巷談新聞社に勤める巌谷澄麗(スミレ)は、モデルの様な容姿と明晰な頭脳を持つ才色兼備のキャリアウーマンだが、本当は繊細で恋愛に不器用。失恋と左遷でストレスを抱えていたある日、スミレは家の前に転がっていたダンボールに捨てられた青年・合田武志を見つける。

かつて飼っていたペットに似ている彼を見て、スミレはペットとして暮らす事を提案すると、意外にもすんなり受け入れられた。

スミレは次第に、奇妙な同居生活に安らぎを感じるようになる。一方、モモはスミレに恋心を抱いており・・・

2003年TBSのドラマでは

才色兼備のキャリアウーマン役を小雪が好演しました。

脚本は「10年先も君に恋して」の大森美香さん。
連載中にドラマ化されたため、原作のエッセンスと、オリジナルキャラを動かして上手くまとめていました。

当時20歳の松潤がモモ役を好演し、話題となりました。
ジャニーズ仕込みのダンス力を存分に発揮していましたね。

当時松潤くん20才、フワフワパーマが似合ってて、華奢で繊細で、最高にかわいいです。器用な役者ではないんですけど、表情は豊かで、いやー、きれいな顔立ちも一つの才能ですからね、小柄という設定も含め、彼以外にはありえない配役でしょう(原作コミックではモモは164cmですが、ドラマでは169cmといってます。ほんとは172cmのスミレ=小雪と同じくらいなんですが)。しかも、ただ子どもっぽくかわいいのではなく、スミレに本気になっていくところも説得力があって、素敵です。

モモはダンサーなのでダンスの練習やスミレと一緒にいる時など、華麗なバレエダンスが披露されるシーンはうっとり見とれてしまいます。
ダンスシーンは見どころの一つです!
スミレが落ち込んでいる時に公園でも家でも場所は構わず踊ったり、またはバレエの稽古場や自己練習などもシーンもあるので、踊りがカッコよくきまっているのでキュンキュンします♪

さて、今回のリメイクでは?

出典eiga.com

モデルで女優の入山法子、若手俳優・志尊淳のダブル主演でテレビドラマ化されることが決定した。

2003年に小雪と松本潤の出演でドラマ化、韓国で11年にチャン・グンソク主演で映画化されており、13年ぶりのテレビドラマ化となる。

小雪×松潤が主演した際は漫画が連載中だったため、オリジナルのストーリーだったようです。
今回は、すでに漫画が完結しているため、原作通りのストーリーになるのでしょうか。

「ちふれ化粧品」のCMでの透明感のある美しさが話題となった入山は、恋愛オンチの女性スミレを演じる。

身長:168cm
スリーサイズ:B81-W62-H88
出身大学:共立女子大学生活美術学科卒
夫:岡峰光舟『THE BACK HORN』のベーシストで、7年半の交際を経て結婚

・2007年『ハケンの品格』島田香役
・2007年『ジョシデカ!-女子刑事』時田梨恵子役
・2010年『祝女〜shukujo〜』
・2010年『ゲゲゲの女房第24週』川西志穂役
・2013年『最高の離婚 第10話』佐藤美紀役
・2013年『東京バンドワゴン〜下町大家族物語 第4話』永坂杏里役

、「烈車戦隊トッキュウジャー」のトッキュウ1号役で注目を集め、ドラマ「表参道高校合唱部!」「5→9 ~私に恋したお坊さん~」での好演も記憶に新しい志尊は、モモ役を演じる。

身長:178cm
出身中学高校:聖学院中学校・高等学校を卒業

志尊淳さんの卒アル画像

このほか、スミレの憧れの先輩・蓮實滋人を俳優の竹財輝之助、蓮實をめぐってスミレと恋のバトルを繰り広げる悪女・福島紫織をグラビアアイドルで女優の柳ゆり菜、スミレの親友・白妙ユリを元「AKB48」で現在はバラエティを中心に活躍する野呂佳代、モモに思いを寄せる小悪魔的美少女・澁澤ルミをファッション雑誌「Popteen」専属モデルの志田友美が務める。

ネットでは早くも「モモ役は松潤以外あり得ない」という声が・・・

ただやはり、きみぺのモモはあの頃の尊い松潤のイメージのままでいたい。アイドルの儚さを覚えさせられたな。

@junkana0830 …出演者誰一人知らないんだが まあ…多分見ないかな? 私の中ではモモとスミレちゃんは、潤くんと小雪さん以外ありえないから

私の中では「きみはペット」のモモは松潤なんだよ!!そこは譲れない!!

1 2