1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

連休明けでだるい…「GW疲れ」を乗り切る5つのポイント

ゴールデンウィーク明けは、なんとなくなく疲れが溜まっているもの。「頑張らなくては!」と思っていても、体がついていかないという人が多くいるようです。

更新日: 2016年05月13日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
67 お気に入り 174385 view
お気に入り追加

●ゴールデンウィーク後は、なんとなく疲れが溜まっている?

楽しかったゴールデンウィークもあっという間に過ぎて、また始まるいつもの生活……。

連休明けと共になぜか体がだるく、いつものような調子が出ない……。

「それまで、頑張らなくては!」と思っていても、体がついていかないという方は多いです

●GWなど「連休明け」に疲れる原因とは?

・休日に出かけることが、逆に疲労を溜まらせている

休日に友人や恋人と一緒に遊びに出かけたり、家族サービスをしたりすることが、余計につらさを感じる原因のひとつになっています。

遊びに行くと、休むどころか疲れてしまうことが多い。エネルギーを充電するべきところを、放電してしまっているんです。

・連休中に生活リズムが乱れていたため

連休中に朝起きる時間が遅くなると、仕事の時に起きるのがかなりツラくなります。それで、疲れを感じてしまうのです。

・いつもとは違う食生活によって、胃腸の働きが低下する

旅行先でついつい食べ過ぎてしまったり、食事が偏ってしまったり、暑いからとビールを浴びるほどに呑んだりと、

いつもとは違う食生活によって、胃腸の働きが低下してしまうことがあります

●こうした疲労が溜まり続けると「五月病」になる可能性も?

5月の連休明け頃から、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強、家事などに集中できない、

知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうのが五月病なのですから、身体が重だるく感じた時点で既に疲労はかなり蓄積されているのです。

●「GW疲れ」を解消するポイント

1.まずは、生活リズムを普段通りに戻す

まずは生活リズムを普段通りに戻しましょう。そうしなければ疲れは取れません。

夜更かしをせず、いつもの時間に寝ていつもの時間に起きる。このリズムが大切です。

また、一日を通して遊びに出かけるなど、エネルギーの消費は極力控えることをオススメします。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。