1. まとめトップ
3 お気に入り 93053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼ハウスワインって何なの??

イタリアンやフレンチのお店のメニューで、「ハウスワイン」ってよく見かけますよね。でも、なんとなく「安くて注文しやすいワイン?」くらいのイメージで、実際意味はよくわからないという人も多いのでは。

ハウスワインというのが何であり、どういうスタンスの物なのか。 全てソムリエが教えてくれた…… 城アラキ is god

?「ハウスワイン無理だわ」 俺『ハウスワインって何?』 ?「わかんない」 俺『』

▼ズバリ!ハウスワインって何??

「ハウスワイン」とは、一般に市販されているワインを、レストランの看板ワインとしてお客様に提供するワインのことです。基本的にはグラスで、もしくはボトル(750ml)で提供されます。

ハウスワインとは、お店で定番の「看板メニュー」として提供されるもの。リーズナブルでお店の料理と相性が良いものが選ばれ、コロコロ種類が変わるものではありません。

昨日飲んだワインが、ハウスワインなのにびっくりするほど美味しくて、料理を運んできてくれたオーナー(ユザーン似)に向かって「これ、何てワインですか!?」って思わず聞いてもうた。

先日サイゼリヤで爆飲みを決行したのだが、ハウスワイン、意外とうまい。デカンタ500mlで399円は何かの間違いだと思う。取り急ぎ二人で5杯程飲んだが、さすがに脳にきた。ちょこちょことメシを食いながら一人2千円台だった。何かの間違いだと思う。一緒に飲んでいた友人は夜の街に消えた。

▼「ハウスワイン」でお店のレベル(料理の味・価格etc)がある程度わかる?

どのようなワインがハウスワインとして選ばれているのかは、レストランによって異なります。

オーナーとしては、できるだけ安くて、おいしく食事を楽しんでもらえて、お客さんに喜ばれるものをセレクトしたいですよね。裏を返せば、目利きのソムリエならば安価でも味の良いワインを選ぶことができるということ。

客単価の安い飲食店に行けば、必然的にハウスワインは安いものになり、客単価が高ければハウスワインの値段も高くなり、それだけこだわりのワインが出てきます。(あくまで一般的な場合です)

ワイン通やグルメの間では、ハウスワインでお店のグレードがわかる、とも言われています。なんか、カッコイイですね。

ここのハウスワインは何気にうまいのよねー。カルボナーラもうまーい。

*ハウスワインのこと勘違いしていませんか?

▼ハウスワインという名前のワインがあるわけではなく、レストランのおすすめのワインをハウスワインとして提供しています。

近所のスーパーで買ってきた白のハウスワインが美味しい。若くて果汁感が強い。安いし。サイゼリアのもそうだけど日常的に飲むならこういうのがいい。ツマミ何でも許せるし。そりゃブルーチーズがあうような濃厚な赤もいいけどね。

アルコールって何かあったかな?って、部屋中探したが・・・17年前の腐ったハウスワインしかなかった・・・自宅じゃ呑まない俺。

電車で、いきなり鞄からハウスワインを取り出し、ラッパ飲みする20代くらいのサラリーマン…何か嫌なコトでもあったのかな(´Д` )

▲ハウスワインという名前のワインがあるわけではなく、レストランのおすすめのワインをハウスワインとして提供しています。

1