1. まとめトップ

2016年10月29日公開!

「湯を沸かすほどの熱い愛」すごくいい映画っぽい。早く観たい。

どんなストーリー?

銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた

そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していく。家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に会わせる…母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。

ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬ることを決意する。

同作は、自主製作映画『チチを撮りに』がベルリン国際映画祭など国内外で絶賛された中野量太監督の商業用長編デビュー作。

気になるキャストは?

会う人すべてを包みこむ優しさと強さを持つ双葉役を宮沢が、娘の安澄役を杉咲花が演じる。失踪した夫役のオダギリジョーのほか、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎らが脇を固める。

オダギリジョーさん

オダギリジョーさんのコメント

熱く、繊細で、愛情溢れる素晴らしい脚本だと思いました。
母親に対しての感覚をこのような脚本に仕上げる監督と是非仕事をしたい!と思いましたし宮沢さんが演じる“おかあちゃん”を見てみたいと思ったのがお引き受けした理由です。
自分を例えるならば、麻婆豆腐における山椒のような存在になれているならば幸いです。

松坂桃李さんのコメント

台本を読んで、親子の絆を繊細に描いた優しい本だと思いました。
映画を見終わった後に、しっかり残る作品だと思いました。
そんな中野組に参加できたことは、本当に幸せでした。
個人的なことですが、撮影中に銭湯の番台に座れた時は心躍りました。
主演の宮沢りえさんは包容力があり、一緒にいるだけで吸い込まれそうな魅力のある方でした。
彼女は女優というよりは、役者という感じの方でした。
そんな宮沢りえさんとご一緒できたことは、もう一つの幸せでした。

監督は、中野量太さん!

メガホンをとる中野監督は「いつか宮沢さんと一緒に映画を作りたいと思っていました。熱い愛と深い哀しみを背負った双葉役を、宮沢さんがどう演じるのか?…想像出来る様で出来ないんです。それはきっと想像してもその想像を超えてしまうだろうと思っているから。宮沢さん演じる双葉を一番見たいのは、僕です」とオファーした理由を熱弁し、「オリジナル脚本で映画を撮れることに、喜びと責任を感じています」とコメントを寄せている。

京都市立日吉ヶ丘高等学校、京都産業大学、日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。

大学卒業後上京し、日本映画学校に入学し3年間映画製作を学ぶ。2000年、卒業制作『バンザイ人生まっ赤っ赤。』で、日本映画学校今村昌平賞、TAMA NEW WAVEグランプリなどを受賞。日本映画学校卒業後、映画・テレビの助監督やテレビのディレクターを経て、2006年に『ロケットパンチを君に!』で6年ぶりに監督を務め、ひろしま映像展グランプリ、水戸短篇映像祭準グランプリなど3つのグランプリを含む7つの賞を受賞した。2008年には文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出され、35mmフィルムで制作した短編映画『琥珀色のキラキラ』が高い評価を得る。

2012年、自身初の長編映画『チチを撮りに』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012で国際長編コンペティション部門にて監督賞(日本人監督初)とSKIPシティアワードをW受賞。それに伴い、同作が「SKIPシティDシネマプロジェクト」第3弾作品として2013年2月16日に劇場公開され、さらに第63回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待された。以後も、同作は多数の国内外の映画祭に正式招待され、賞を受けたほか、監督自身も第5回TAMA映画賞最優秀新進監督賞、第35回ヨコハマ映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞、第23回日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞した。

「湯を沸かすほどの熱い愛」予告

2016年10月29日(土)から新宿バルト9ほか全国公開


監督・脚本:中野量太
出演:
宮沢りえ
杉咲花
篠原ゆき子
駿河太郎
伊東蒼
松坂桃李
オダギリジョー
配給:クロックワークス

1





manngannjitogarashiさん

ちょこちょこアップしていきたいと思います☆

このまとめに参加する