1. まとめトップ

TOC (制約理論) ~ボトルネック対処

TOC (制約理論) は、ビジネス分野の小説「ザ・ゴール」などで使われている手法。

更新日: 2016年05月10日

mamekotoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 2289 view
お気に入り追加

TOC (制約理論) とは

TOC(Theory of Constraints:「制約理論」または「制約条件の理論」)は、「どんなシステムであれ、常に、ごく少数(たぶん唯一)の要素または因子によって、そのパフォーマンスが制限されている」という仮定から出発した包括的な経営改善の哲学であり手法です。

TOCは、営利企業共通の目的である「現在から将来にわたって儲け続ける」というゴールの達成を妨げる制約条件(Constraints)に注目し、企業内共通の目標を識別し改善を進める事によって企業業績に急速な改善をもたらします。

TOC(Theory Of Constraints:「制約理論」または「制約条件の理論」)は、「どんなシステムであれ、常に、ごく少数(たぶん唯一)の要素または因子によって、そのパフォーマンスが制限されている」という仮定から出発した包括的な経営改善の哲学であり手法です。

基本的なコンセプトは、「生産工程の中にはボトルネックとなる工程があり、それが全体のスループット(生産量)を決定する。最適生産のためには工程全体のスケジュールをボトルネック工程の能力に合わせる必要があり、生産性向上のためにはボトルネック工程を重点的に改善すべきだ」というものである。

TOCのビジネス小説

エリヤフ・ゴールドラット博士。ビジネス現場を舞台にしたベストセラー小説「ザ・ゴール」「ザ・ゴール2」「チェンジ・ザ・ルール!」でTOCの理論を広く知らしめた。

2.「ザ・ゴール」の感想

 冒頭でも書きましたがこの作品は「TOC(Theory of Constraints=制約条件の理論)」について紹介された本です。

 この理論は「工程のなかで[制約条件](ちなみに作品の中では[ボトルネック]という名前で紹介されています。) を見つけ出し、その効率を最大化することで全体を最適化することができる」という理論です。

 この「ボトルネック」という言葉は「隘路工程」とか「ネック工程」等言いかえが可能だと思います。

TOC (制約理論) の手順

TOC制約条件の理論とは

あるシステムにおいて、利益最大化を妨げる根本的な要因が「制約条件」です。
この制約条件にフォーカスする事で、少ない労力で最大の効果を発揮する事ができます。
制約条件を、
①発見する 
②無駄を無くす。
③最大活用する。
④強化する。
まずは投資せずに、制約条件を無駄無く最大活用することで、利益最大化を実現させる手法がTOCです。

5つの改善ステップ(段階継続的改善プロセス)とは何ですか?

5段階継続的改善プロセスは、改善を、止むことなく継続してゆくための戦略で、下記の5つのステップからなっています。

より大きなシステムの目標の達成を妨げている制約を識別する
しっかりと制約を徹底的に活用する
制約を徹底的に活用するために、すべてのものを制約に従属させる
制約を徹底的に活用しつくしたら、初めて、制約を高める
制約を高めると、新しい制約が生れる。したがって、惰性により、繰り返すことを怠らないようにする

今回は、TOCにおける「制約」について、もう少し詳しく書いてみます。

TOCは、企業収益の鍵を握る「制約条件」にフォーカスする事によって、最小の努力で最大の効果(利益)をあげるシステム改善手法である。
制約には、「物理制約,市場制約,方針制約」の3つがある。

動画

口コミ

@peisun 「最優先事項は何か?」になりますね。エリヤフ・ゴールドラット博士の「制約理論」で言うなら、「ボトルネック(もっとも足を引っ張っている問題)は何か?」ですね。

あらゆる仕事には、ただ一つのボトルネックが存在し、そのボトルネックの改善こそが全体にとっての最適解となりうる。――TOC(制約条件の理論)

1