1. まとめトップ

バイノーラルビートって危険なの?効果あるの?まとめました

バイノーラルビートは、左右の耳で周波数の異なる音を聞くことで、脳波をコントロールして、集中したりリラックスしたり眠ったりすることができるというサウンドです。しかし、そんなことをして危険性は無いのか、本当に効果があるのかについてまとめました。

更新日: 2016年05月10日

14 お気に入り 75962 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

駒込王子さん

バイノーラルビートという動画をご存知ですか

バイノーラルビートの効果効能がすごいらしい

久々に熟睡した感じがする。バイノーラルビートはやっぱり効果あるなあ。 さて早起きもできたし、お昼になったら自転車ドライブして日光でも浴びてくるかー。 (区役所など各所への書類提出ともいう。公務員の皆様遅れて本当ごめんなさい)

やっと頭痛が引いてきたかもしれん。はぁ(;´ρ`) お薬クラシックを延々流しつつぐったりしてた。 今はバイノーラルビートってのを聴いてる。

私も含めてですが プチパニックになっている方 音楽さえ聞く気になれない方は YouTubeに繋がるのであれば バイノーラルビート 精神安定 か、 ソルフェジオ周波数(低いものがより落ち着きます) で精神を休めてください。

そもそもバイノーラルビートとは?

バイノーラル・ビートとは、直訳すると「両耳性うなり」のことです。
左右の耳から異なる周波数の音を聞くと、脳がその周波数の差につられて脳波をあわせてしまうという特徴を利用しています。

音の周波数はHz(ヘルツ)と言います。この単位は、1秒間に何回振動したのかをあらわします。
簡単に言ってしまうと音の高さのことです。
例えば、次のような音をイヤホンで聞いた場合を想定してください。
右耳:450Hz
左耳:440Hz
その差は、10Hzとなります。10Hzというのは、集中しているときの脳波であるα波と同じ周波数です。

つまり、音を使って脳波をコントロールするということです。

一方で、バイノーラルビートに危険性を感じている人がいる

バイノーラルビートをヘッドホンつけて聴くと左右音違うのに逝きそう

割と電子ドラッグの枠内で若干の危険性も否定出来ないけどBoxed Nirvana IIとかでググるとバイノーラルビート手に入るよ

電子ドラッグ……

検索キーワードを見ると、「バイノーラルビート 危険性」といった物騒な単語がありますが、基本的にそこで話題になっているのは、「ヘミシンク」のことです。

ヘミシンク……?

バイノーラルビートを活用した『ヘミシンク』

深い瞑想や体外離脱などで生じる特別な意識状態(変性意識)は、数ヘルツ前後の脳波状態
で起こるといわれています。
そこでモンローは、音響を使って意図的に脳波に影響を及ぼせないかと考えました。
ところが、人の耳に聞える音の範囲は20ヘルツ位から17,000ヘルツ位で、音を直接聞かせ
ても脳には影響を与えることができませんでした。

そこで、考え出されたのがヘミシンクです。

瞑想や体外離脱、確かにちょっとアヤシイかも

ヘミシンクを開発したロバート・モンローはアメリカ合衆国の超心理学者です。体外離脱の体験者で、科学的側面と体験による裏付けを基とした体外離脱体験の研究者。モンロー研究所の創設者とのこと。

右耳と左耳に若干異なる周波数の音を聞かせると、その音の差が脳幹で検出されることに
注目しました。さらにその信号が両脳に伝わり、脳波を発生するすることが分かりました。

ヘミシンクとは、「ヘミスフェリック・シンクロナイゼーション」の略語で、大脳の左右の半球が同調するという意味です。要するに全脳活性状態です。

例えば、右耳に100ヘルツ、左耳に105ヘルツの音を聞かせますと、頭の中で5ヘルツの脳波
が発生するということです。
実際のヘミシンクCDには、いくつものペアがブレンドされています。
目的によって、そのブレンドを適切に選ぶことで、聞く人の意識が覚醒状態や瞑想状態などへ
誘導されやすい環境へ導いてくれます。

科学的に調合されたバイノーラルビートという感じでしょうか

バイノーラルビートに効果があるのか実験してみた

脳波スキャナーシステムのOpenBCIを使って詳細な検証を実施したところ、バイノーラルビートを聞いた人の脳波を計測することができたとのこと。

被験者はソニー製の業務用ヘッドホン「MDR-7506」を装着し、「ザー」という雑音の一種てあるピンクノイズと、ピンクノイズを元に作られた17Hzのバイノーラルビート音源を交互に再生することで、「統制群」と「実験群」の比較を行う「対照実験」が行われています。

実験の手順は以下のようなもので、所要時間は全体で約20分となっています。

・30秒の無音
・統制群1:ピンクノイズ(5分)
・実験群1:17Hzのバイノーラルビート音源(5分)
・統制群2:ピンクノイズ(5分)
・実験群2:17Hzのバイノーラルビート音源(5分)

果たして結果は……

実験ではバイノーラルビートで脳波の変化は見られなかった

ピンクノイズとバイノーラルビート音源を交互に聞かせているにもかかわらず、脳波には全くといっていいほど影響が現れていないことがわかりました。

実験結果をもとに研究チームは、「バイノーラルビート音源は脳波に明確な同調作用(エントレインメント)を及ぼさない」と結論づけています。実験では、17Hzに加えて8Hzのバイノーラルビート音源が同様に実験されていますが、こちらも同様に明確な結果は確認されなかったとのこと。

どうやら脳波に影響が出ると言う結果はでなかったみたい

実際にバイノーラルビートを聞いてみる

実験では効果が無いと言われていても、ツイッターでは効果があると言われているんだからいろいろ聞いてみたい!

バイノーラルビートは音楽にも使われているらしい

イヤホン・ヘッドホンを使ってバイノーラルビートを楽しもう!

1 2