1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

韓国製エンジンにドイツ製変速機の混合パワーパックで最終テストに

「K2戦車(黒豹)」の第2次量産分について「戦車の心臓部であるパワーパック問題を
外国の技術を利用することで解決し、本格的な量産を目前にしている」と伝えた。

記事によると、韓国の防衛産業庁は先月、韓国製のエンジンとドイツ製の変速機の
「混合パワーパック」を搭載したK2戦車の走行テストに成功した。

ドイツ製部品の封印を許可なく破った結果・・・

K2戦車国産パワーパック(エンジン+トランスミッション)の変速機の耐久度検査の過程で、いくつかの欠陥が発生した。

原因究明のための操作試験が中断され変速機の製造会社であるS&T重工業が故障の原因究明のためにドイツに送られうとした変速機の主要部品である変速装置(トランスミッション部品のいずれか)を無断で整備した事実が知られている問題となっている。

問題になると、S&T重工業は13日に立場を発表し、「K2戦車変速機は、変速装置、ステアリング装置、ブレーキ装置、冷却装置などで構成されて複合的な機能を実行する動力伝達装置」と「K2戦車用変速機初製品試験の一環として、企業内自己検査装置を用いて320サイクル変速機の耐久度テストを行ってきた」と述べた。

S&T重工業は「2月13日耐久237サイクルを完了した後、変速機の部品の一つである変速装置(Range Pack)の内部でC1クラッチ供給圧力が低下する現象が発見された原因究明のためのテストを中断した」と説明した。

続いて「C1クラッチ圧力低下の原因を明らかにするために、気品ウォン、グクグァヨン、現代ロテムと同社は2月16日から17日までC1クラッチ測定ライン、C1クラッチオイル供給ラインと油圧制御装置(HCU)などを調査し、すべて正常であることを確認した」とし「気品ウォン、グクグァヨン、現代ロテムと会社は、故障が疑われる変速装置の検査のために変速機の変速機を個別に分離して封印し、ドイツへと搬送して、ドイツのトランスミッション製作業者がシールを解除した後、原因を究明することを決定した」とした。

しかし、「会社の技術役員をはじめとするエンジニア2人が複数回の耐久試験の中断に軍の戦力化のスケジュールに支障をきたしていることに対する負担感と2次量産のために耐久度テストを一日も早く終わらせなければならないという重大な責任に最低2~3ヶ月以上かかる、ドイツ変速機の製造会社の第一次原因調査の結果を待っていることはできなかった」と変速装置を整備した事実を打ち明けた。

特に「変速装置が封印されたままドイツに搬送とすれば、ドイツ変速機製作業者が正確な原因を究明するのに相当な時間がかかるされた可能性も排除できない」とし「その結果、エンジニアたちの技術判断で会社と国はK2戦車国産トランスミッション耐久試験中に発生したC1クラッチ圧力低下の原因を早めに国内の技術陣によって独自に明確に明らかにすることができた」と釈明した。

実際にS&T重工業のエンジニアは、故障した変速装置を開いて確認した結果、C1クラッチ固定用ボルトのヘッド部が破損しているという事実を確認し、これを固定した後、テストした結果、正常に動作したと伝えられた。

ある防衛事業関係者は「封印されたドイツ産変速装置を無断で解除したS&T重工業の責任が伴わなければだろうが、それ以前にこのような問題が発生するしかなかった会社側の切迫した状況も理解できる」とし「もし故障した変速装置がドイツに送られたら、調査結果が出るまでどのくらい時間がかかる分からない状況なのに加え、正確な故障原因を明らかにすることが未知数」と語った。

彼は「大韓民国の技術で開発されているK2戦車変速装置をドイツ産に置き換えた状況で、今回のように故障が発生した場合の対処能力に限界が表示される可能性が高く、国内企業に技術移転や国産化開発が必要だ」と指摘した。

相変わらずなにを言っているのやら……。
 記事中のS&TはS&T重工業であると思われます。旧大宇系列だったメーカーですね。
 K2戦車のパワーパックについて斗山インフラコアがエンジン部分を、S&T重工業が変速機部分を担当して国産化する予定でした。
 ただし、K2の1次生産分には軍が要求した性能を出すことできずに、100基のユーロパワーパックを導入していたのは記憶に新しいところ。
 で、2次生産分からは200基以上の国産パワーパックを導入することに決まっていたのですが、先月の時点でまだ安全試験を突破できていないことが判明しています。

 先月のパワーパックの安全試験を突破できなかったというニュースをエントリにしたときに、ドイツ製のボルトが破損したという話がありましたね。
 変速機メーカーであるS&T重工業がチェックしていたところ、ドイツZF社製のコンポーネントが原因ではないかと思われる部分があったというところまで判明していました。
 で、変速機の当該部品を封印して、ドイツから技術者を招こうとしたところZF社から「部品を送ってくれればこちらで点検してどこが破損したのか教える」と言われてのだそうです。

 で、S&T重工業は「いいよ、封印破って自社点検しちゃえ」とばかりに封印を破ってやってしまったと。
 で、ボルトが破損している事実が分かったので、固定したら安全試験がうまくいった……という経緯なのでそうです。
 封印を破ったのは「それでなくても国産パワーパックの納期が遅れていたので、ドイツに送り返していたのでは納期がどうなるか分からない」とS&T重工業の社員が述べているとのこと。

 ……そもそも「国産パワーパック」を導入する理由が、ユーロパワーパックを使っていては故障時に対応時間がかかってしまって効率的ではないからというものだったのですよ。
 それなのに国産パワーパックの変速機部分にZF社のコンポーネントを採用して、かつその封印をばらしてしまうっていうね。  で、誰も悪びれることなく「納期がきてたから」って語ってしまうという。
 恐ろしい国ですわ。
 これでS&T重工業は封印を勝手に破ったことで軍からの懲罰を受けて、部品を納入できなくなる可能性もあるとのこと。
 意味ないじゃん……。

K2(黒豹)戦車のパワーパックにまたまた欠陥発覚

2017年3月17日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国内技術で開発したK2(黒豹)戦車のパワーパック(エンジンと変速機)で欠陥が見つかり、本格生産のための手続きが中断している。

韓国防衛事業庁は17日、「K2戦車2次量産のための国防技術品質院の最初の製品検査の中、国産パワーパックでいくつかの欠陥が発見された」と明らかにした。防衛事業庁は、「パワーパックに装着されたドイツメーカーZF社の一部構成部品に欠陥が発生し、品質検査を中断している」と説明した。問題の部品はパワーパックに入ったボルトで、ひびが入る現象を見せたことが分かった。これによって、パワーパックの正常動作に必要な圧力が低下したというのが防衛事業庁側の説明だ。

問題を起こしたK2戦車は国産パワーパックを装着した2次量産分の最初の製品だ。軍当局は、K2戦車1次量産では、核心部品となるパワーパックをドイツ製にしたが、2次量産では韓国製パワーパックを装着することにした。防衛事業庁の関係者は、「国産パワーパックを装着したK2戦車は戦闘用適合判定を受けた状態であるため、品質保証のプロセスと見ればよい」とし、「再発防止のためのさまざまな方策を検討中」と述べた。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは、「開発費の一部を裏金に使ったから、実際の開発費用が不足して影響が出たんじゃないの」「いろんな修正はあるだろう。ドイツや米国の技術力に追いつくのは容易ではない」「独自開発する実力がないのであれば国産化にこだわらず、そのままドイツ製を使った方がよい」などの声が寄せられているが果たして。

K2は、大韓民国がK1の後継として開発中の次期第3・5世代主力戦車である。愛称は「黒豹」

当初は140mm砲搭載戦車として計画され、ラインメタル社製140mm砲の検討を行なったが、同じラインメタル製120mm滑腔砲L55の方が試験結果は良好であり、また陸軍の将来脅威の見積もり上、140mm砲は不必要と判断された。

K2に搭載される火器は、韓国WIA社で開発した55口径120mm滑腔砲1門、7.62mm同軸機銃1門、砲塔上には車長が操作するK-6 12.7mm機銃1門である。

主砲への砲弾装填は自動化されており、砲塔後部の仕切られた区画に諸外国の自動装填装置を参考に開発されたベルト式の自動装填装置がある。
そのため装填手は搭乗しない。主砲弾は自動装填装置内の弾倉に16発、残り24発が車内の計40発を、砲塔上の12.7mm重機関銃の弾薬は計3,200発、また主砲同軸7.62mm機関銃の弾薬は計12,000発搭載しているという。

K2の車体前面及び砲塔前面には、モジュール化されたSiC系複合装甲が使われている。
また爆発反応装甲も採用していおり、車体前面右側・弾薬庫上面と砲塔上部と側面・砲手&車長登場ハッチに存在が見受けられる。

K2開発に際し、韓国国産のパワーパック(エンジンとトランスミッションを組み合わせた動力伝達機構)が新開発され、国産の4サイクルV型12気筒水冷式ディーゼルの1,500馬力エンジン(K1シリーズの1,200馬力から向上している)を搭載する。
試作車のXK2はドイツMTU社のMT883(UAE向け輸出仕様のルクレールは、駆動系をユーロパワーパックに換装しており、これと同一のライセンス生産との情報もあり)を搭載していたが、量産型のK2は斗山インフラコア社とADDが共同開発した1,500馬力エンジンを搭載する予定であった。

さてここからが本題、実際のところどうなんよ?

K1戦車はアレコレ問題を抱えている。
だから、後継機となる次世代戦車のK-2の開発には念には念を入れて……、1995年から開発開始で19年も経過してしまった。

どんだけ開発時間かかってるんだよ・・・

耐久性の試験走行中にエンジンシリンダの破損でK-2戦車のエンジンが停止w

ドイツの技術をパクって開発を始めたものの、小型で高性能を目指しているお陰で、実用化の目処が立たない。
K-1もアメリカに作ってもらったようなものなので、技術の蓄積がないのである。
当初の配備予定は2011年だったような気がしたけれど、現状だと2016年以降の戦力化も厳しいらしい。
そもそも、シリンダの欠損って、エンジンの中枢部分なんだが、根本的な設計どこか可笑しいに違いない。

K-2戦車のドイツ産のパワーエンジンで欠陥数十件発見

国産K-2戦車に使われるドイツ産エンジンと変速機で数十件の欠陥が発生したが、防衛事業庁が欠陥件数を縮小したという疑惑が提起されたと10日YTNが報道した。
報道によれば政府は「国産エンジンは欠陥が多い」という理由で2014年3月戦力化されるK-2戦車にドイツ産エンジンと変速機を装着する事にした。

韓国陸軍、最新兵器のK-2戦車が性能基準に達しないというピンチww

国産開発中のK2戦車は最近停止状態から8秒で時速32㎞に速度を高める試験評価を経た。開戦状態で敵の砲弾を避けて生存性を高めるためだ。

しかし、結果は8.7秒であった。

加速性能の仕様など、別にどうだって良い。

要求仕様が適切かどうかは問題では無いのだ。むしろ、要求を満たすように作ったら、要求を満たさなかったので【要求の方を変えてくれと言う神経が分からない。】

加速性能が8秒で時速32km/hとなることが必要というのであれば、その様に設計されるべきで、本来であれば、設計コンセプトは問題無かったか?設計通りに作られているか?加速性能を改善するには何をすれば良いのか?といった事について考えるべきだ。

実物に併せて仕様を変更など、何のために仕様書なのか、という話になる。その仕様書が適切か否かは、それ以前に論ぜられるべき話だから。

K-2の審査基準を甘くして採用 ←もうね・・・あほかと

世界の第3世代戦車では、停止状態から時速32Kmとなるまでの時間は、平均で6秒程度なんだとか。
K-2は後発にもかかわらず、8.7秒。K-1A1が10秒であること考えれば、進歩はあったと言うべきかも知れないが、「それで良いのか!」と突っ込みたくなるレベルの話である。
しかし、持続された性能テストで8秒を少し超えたことで国産化に赤信号が点灯したため、9秒遅らせるとしたもの。

軍関係者は、「当初ROCは敵攻撃した時の瞬発力に避ける最悪の条件を想定したもの」とし「9秒遅らせても作戦には問題がないという判断を下した」と述べた。

これにより、K-2戦車が名実共に国産化に成功した。

1