ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合によりますと、パナマ文書は中米パナマにある法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した、膨大な内部情報です。
この法律事務所が1977年から去年までのおよそ40年間で扱った会計書類や契約書などが含まれていて、データの量としては2.6テラバイトに上るとされています。この法律事務所は顧客にとって最も税金がかからない租税回避地、いわゆるタックスヘイブンの国や地域を選び、そこに法人などを設立するのを手助けしていたということで、文書の中には、タックスヘイブンとされる21の国や地域に設立されたおよそ21万4000社の法人と、200以上の国や地域の個人の名前がありました。

出典パナマ文書 20万社超える法人や個人名を公表 | NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界を揺るがすパナマ文章問題 てかパナマ文章って? わかりやすく説明します

世界各国の首脳や富裕層の隠れた資産運用を明らかにした「パナマ文書」の問題をわかりやすくまとめてみました

このまとめを見る