1. まとめトップ

SDS(安全データシート)を検索できるサイトをまとめました。

SDS(安全データシート)を検索できるサイトをまとめました。

更新日: 2016年09月21日

DIDIDIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 11976 view
お気に入り追加

MSDSからSDSへ

SDSは、国内では平成23年度までは一般的に「MSDS (Material Safety Data Sheet : 化学物質等安全データシート)」と呼ばれていましたが、国際整合の観点から、GHSで定義されている「SDS」に統一いたしました。また、GHSに基づく情報伝達に関する共通プラットフォームとして整備した日本工業規格 JIS Z7253においても、「SDS」とされております。

SDSの制度

SDS検索

Twitter

コナン映画で犯人が持ち込んだホスフィンですが、ここで安全データシートを見てみましょう。 takachiho.biz/pdf/PH3.pdf >400~600ppmのホスフィンを30~60分も吸入すると生命に危険といわれている。2000ppm 以上では数分間で死亡に至るとされている。

私は仕事で化学物質の情報を扱うけど、ネジ一本のコーティング剤まで危険物質じゃないか管理されてるんよ、今は。安全データシートというのが提出されて、可哀想だけど動物実験の結果からの危険性まで確認する。

動画

SDS(安全データシート)管理者の皆様へ
現状の管理状況を見直してみませんか?
今すぐチェック!

1





自分用に医薬品情報ポータルサイトを作っています。

このまとめに参加する