1. まとめトップ

2017年のドラフト候補選手の傾向

2016年ドラフト候補筆頭の田中正義投手

2017年ドラフト候補筆頭の清宮選手。一時期外野を練習していたが、再びファースト守備に転向した

2016年のドラフトは田中投手、藤平選手、山岡投手などドラ1クラスの投手がそろっており、投手豊作の年と呼ばれています。一方で野手では京田選手や吉川選手などはおりますが、全体的に目玉選手は少なく野手は不作といわれています。
 一方2017年は野手豊作年と呼ばれています。そのため16年で投手を揃え17年で野手をそろえる戦略になることが予想されます。また大卒左腕にも注目の選手が多く、早稲田大学の大竹選手や東大の宮大選手以外にも即戦力候補が揃っており、16年の不作とは対照的となっています

高卒編

右腕投手

【青森】八戸工大一 古屋敷匠真 右腕投手

178センチ80キロ 右投げ左打ち
最速150キロのストレートが評価される右腕投手。変化球はスライダーメインと少ないながらも、ストレートでねじ伏せていくパワースタイルが評価されている。今期は高卒右腕に速球型が少ないため、数少ないタイプとして注目株の一人

視察に訪れていたスカウトは古屋敷の剛球を絶賛した。DeNA河原スカウトは「馬力がある。今年の全国レベルでも150キロ出す投手はなかなかいない」。巨人柏田貴史スカウトも「東北の高校生右腕でNO・1。いい投手に決まっている」と興奮気味に話した。

【秋田】 大曲工 藤井黎來 投手

181センチという長身から140キロのストレートとフォークを武器とする右腕。甲子園では8回5失点と結果は残せなかったが、その将来性を評価されている。

DeNA・吉田スカウト部長「ボールも強いし、来年1年でどこまで伸びるか、非常に楽しみ。体(のサイズ)もあるしね」

ソフトバンク作山スカウト「インコースも突けるし、センスがいい。順調に成長すれば十分プロでもやれる」

金久保 優斗 東海大市原望洋 右腕投手

2年生ながら最速147キロのストレートとスライダーを武器とする右腕。3年の島(=ロッテドラフト3位)よりエース番号を受け継ぎ、打者としては4番として投打の活躍を見せている

阪神・平塚スカウト「もともと制球はいい。ひと冬を越えてからが楽しみ」

巨人・長谷川スカウト「直球もいいし、バランスがよい。緩急を覚えれば楽しみ」

【神奈川】三浦学苑 石井涼 右投げ右打ち

187センチ80キロ右投げ左打ち
1年次から体重を50→80キロ、最速球速も120→143と大きな成長を見せる長身右腕。スカウトも伸びしろや肘の柔らかさなど素材としての評価が高い

視察した巨人・井上チーフスカウトは「体は大きいが肩、肘の使い方は柔らかい。体がしっかりと出来ればもっと伸びる」。広島・高山スカウトも「将来性がある」と期待を込めた。

【神奈川】 星槎国際湘南 本田 仁海 右投げ左打ち 右腕投手

1 2 3 4 5 ... 15 16





parumさん

このまとめに参加する