1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

捨てられたゴミを盗んで逮捕?意外と知らないゴミの所有権

ゴミ捨て場には、まだまだ使えそうな自転車や家電、家具などがゴミとして捨てられている事があります。しかし、こうしたゴミを持ち帰ると犯罪になる場合があります。

更新日: 2016年05月13日

25 お気に入り 173690 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■収集したゴミを盗んだ疑いで奈良市の職員らが逮捕される

ゴミとして収集された自転車51台と空き缶860キロを盗んだとして、12日、奈良市の職員の男ら4人が逮捕された

4人は共謀して2月13日午前、同センターで、ごみとして回収されていた計11万2500円相当の自転車と空き缶を盗んだ疑い

容疑者ら3人はセンターで焼却した灰などを最終処分場に運搬する担当。この日は非番で、トラック複数台でゴミを持ち出したという

■奈良市からの通報で事件は発覚した

警察は、去年6月下旬ごろに奈良市からの情報提供を受け、捜査を進めていました

容疑者らが販売目的で自転車などを盗んだものとみて販売先を調べるとともに、ほかにも盗みを重ねていた疑いがあるとみて捜査しています

■そもそも「ゴミ」を盗むのは犯罪なのか?

財産的価値はあるかもしれませんが、捨てられた(=所有・占有を放棄した)ものですから、誰のものでもない無主物です

■ゴミを拾って持ち帰ると犯罪になる場合があります

財産的価値のあるものを拾ったら、(たとえそれが捨ててあるように見えても)勝手に拾って使用してはならない

他人の管理下にないものを拾ってこっそり自分のものにすれば占有離脱物横領が成立します

■ややこしい「ゴミの所有権」

ゴミ捨て場に放置してあった場合でも、それが真に捨てられていたものであるかどうかは分かりません

人間の意志というのは目には見えません。そのため、所有権を放棄したかどうかは、見た目で判断するのが難しい

マンションのゴミ捨て場など、管理が及んでいる場所については、マンションならばその所有者ないし管理組合の占有が及んでいます

自治体によっては条例などにより資源ごみなどの所有権を自治体に帰属させるところがあります

ゴミは指定の場所に捨てられた時点で地方自治体の所有物となり、所有権は自治体にある

■近年、特に「資源ごみの持ち去り」が深刻になっている

近年、集積所に出された古紙や空き缶などを、無断で持ち去る行為が多発しています

1 2