1. まとめトップ

【永久保存版】東京都内で幻想的な蛍(ホタル)を鑑賞出来るスポット 【デートスポット】 【更新中】

東京にもあった!都内でホタルを鑑賞出来るスポットをまとめました

更新日: 2017年06月06日

12 お気に入り 32191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Jehovahさん

ホタルが見れる時期

一般的にホタルの見頃は「初夏」や湿度の高い梅雨の時期に、ホタルの成虫はきれいな光を出して飛び交うといわれていますが、南に行くほど時期が早いといわれています。
九州では5月頃に鑑賞できる地域もあります
ゲンジホタルの観賞時期は、5~7月、ヘイケホタルは、6~8月が一般的です。
ホタルが飛ぶ時期は、地域や場所で違います。暖かい年には早く出現する傾向があります。

ホタルを見れる時間帯

蛍観賞ができるのは、夜の7時から9時頃で、月明かりがない・雨上がりで湿度が高い・風がないなどの条件が揃うと活発に活動します。午後9時を過ぎると飛んでいるホタルの数がだんだん減ってきて草の葉や樹木などにとまり、光を出すのを休むようになります。
ホタルは夜、3回飛び交います。1回目が、7~9時、2回目が、11時前後、3回目が、午前2時前後です。

蛍がよく見られる条件

・風がなく、むしむしするような湿度の高い暖かい日
・雨が降っていないこと
・月明かりがなく、曇っている日
・夜8時~9時頃(この時間帯が最も出ます)

また、川面や田んぼの水面付近だと観測しやすいです。蛍の発生や発生数は、期間中の気象状況と深くかかわっています。その日の気象状況をよく調べて見に行きましょう。

都内ホタル鑑賞スポット

【港区】白金プラザ会「天の川蛍祭」

山形県庄内町および立川ホタル研究会の工藤時雄氏の協力のもと、平成20年(2008)から開催している本物のゲンジボタルを鑑賞できるイベント。他にも屋台村、地方物産展をはじめ、子どもたちが楽しめるコーナーもある。

【期間】
2016年7月2日(土)・3日(日)/19~21時

【鑑賞エリア】
白金高輪駅すぐの「白高児童遊園」内

【新宿区】おとめ山公園

おとめ山公園は、都心にありながら「東京の名湧水57選」に選ばれている公園。地元の人々が中心となっている、落合蛍を育てる会では、いつの日か大量の自然発生を夢みてほたるの環境づくりをしている。

【期間】
2016年7月上旬(予定)/19時~20時30分

【鑑賞エリア】
おとめ山公園

【文京区】ホテル椿山荘東京

都内の蛍の名所、ホテル椿山荘東京。庭園のせせらぎのほとりで、5月下旬~6月いっぱい蛍を観賞できる。蛍観賞期間中は、恒例のディナーブッフェやレストランで蛍の光をイメージした料理など季節感あふれるメニューを用意。都内で幻想的な蛍観賞を楽しもう。

【期間】
2016年5月20日(金)~6月30日(木)/20時頃~(暗くなってから)

【鑑賞エリア】
ホテル椿山荘東京園内、ほたる沢周辺

【墨田区】ほたる観賞の夕べ

【期間】
2016年7月2日(土)・3日(日)※予定/19~21時(入場は~20時30分)※当日の状況により入場終了が早まる場合あり

【鑑賞エリア】
わんぱく天国内にテントを設置し、そのテント内に放つ

1