1. まとめトップ

【JOYSOUND】なにこの臨場感!進化系カラオケの「VRカラオケ」がスゴイ【ヒトカラ】

娯楽として生活に根付いている「カラオケ」。最近では一人カラオケを満喫する人も多い中、最新技術を用いた「VRカラオケ」なるものが発表された!いったいどんなシステムでどんな楽しみ方ができるのだろうか?カラオケファン必見の新コンテンツとなりそう!

更新日: 2016年05月13日

piccoroccaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 2288 view
お気に入り追加

東京ゲームショウ2015で発表され話題に!

言わずと知れた大手カラオケメーカー

エクシングは、東京ゲームショウ2015にて、PS4のバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus」向けのVRホームカラオケ『JOYSOUND VR』のプロトタイプ版を出展すると発表しました。

東京ゲームショウで注目を集めたソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のVRデバイスPlayStation VR(旧コードネーム:Project Morpheus)。ビジネスデー、一般デーともに体験のための整理券がかなり早い時期になくなる人気ぶりでした。

そうか、、、カラオケはこう進化していくんだなァ・・・と感じさせられる

カラオケボックスから家庭用へ、そしてVRへと時代の流れと共に進化を遂げているカラオケ。憧れのアーティストに近づくべく、カラオケボックスで練習していたものが、次は自分がアーティストとなり、VR空間でまるでアーティスト本人かのように歌うことができる時代がすぐそこまで来ている。

基本的には数千曲を収録した正統派のカラオケソフトとして、「SAKURA TRIP」のように歌詞と共に流れる映像をVRにしたものとなるということだ。

<反応>
・これすげーな VRか
・VR欲しいな~
・桜のステージで無双曲とか歌いたい
・アイマスPがアイドルになってゲーム内キャラと歌って踊る時代も来るか?
・こういう近未来型の空間好き

VRなんかアミューズメントパークでしか遊ばないし面倒臭い、と思ったらカラオケという身近なとこがあった。。ここから広がりそうだ。 「カラオケまねきねこ」にVRカラオケ導入、全方位映像を背景に歌える inside-games.jp/article/2016/0…

VRとは

仮装現実の世界にいざなってくれる夢の装置

VR(バーチャルリアリティ)システムです。ヘッドセットを装着することで、プレイヤーを取り囲む3D空間が広がり、ゲームの仮想世界の中に入り込んでいるような体験を得られます。

厳密には、VRとは、「コンピューターの生み出した現実ではない3次元空間」 という意味です。VRをわかりやすく言えば、

・Virtual = 仮想 とは、「現実ではない別の空間」ということを意味して、
・Reality = 現実 とは、「私たちが経験するもの」を意味します。
ですから、VRは「現実感のある人工的な空間」と言ってしまうことが出来ます。つまり、VRでは現実とは全く違う空間を体験することになります。

VR ヘッドセット、満員電車に最適だと思うので、吊り革の代わりに VR ヘッドセットが吊るされてる未来が欲しい

VR体験をした人々の言うリアルと混同するってのはあくまで錯覚の話であって、それを現実だと心の底から認識するって意味ではない 子供だからってエッシャーのだまし絵が実際に存在する風景ではないってことはわかるでしょ

究極の一人カラオケ!

VRで楽しむカラオケなので基本的には一人で臨場感を楽しむものになるが、今後複数人での参加も可能になるかも?

このコンテンツを体験して分かることは、カラオケというエンターテイメントの楽しさをVRによってさらに引き上げているということ。

『JOYSOUND VR』は、「Project Morpheus」向けに開発された業界初のVRカラオケサービスで、360度パノラマ動画と3D音響によって再現された仮想空間で“究極のヒトカラ”が体験できる次世代のホームカラオケです。

VRカラオケ! これでアーティスト気分になれるっしょ!

VRカラオケとかスゴい。もう誰でもアイドル気分だし、この舞台版とかやったら絶対面白いわ

このタイトル、カラオケソフトのため、当然のことながらマイクを使って遊ぶが、PSVRは音はスピーカーから出さずに、ヘッドフォンで聴くため、第三者には歌う音だけ聞こえるということになる

PlayStation VRを外すと、周りには自分を温かい目で見守ってくれているスタッフの皆さんがいました。そういえば千本桜が終わった後、ヘッドホン越しにパチパチという音が聞こえたような…。このコンテンツは、「一人きりで部屋で楽しむ」もしくは「カラオケの気分になれるカラオケルーム」で体験するものだということも合わせて実感しました。

ついつい興奮しすぎてから現実に戻った時のギャップがヤバそうですね

VRカラオケ、って面白いけど、見ている人からはジャイアンリサイタル状態なのであろうな。

どんな楽しみ方ができるのか

おなじみ初音ミクの「千本桜」を桜の木の下で歌うというもの。曲がかかり始めると全天球撮影された満開の桜が現れます。

増上寺などで撮影された美しい桜の風景の中で、歌声と連動して出現する桜吹雪に包まれます。あたかも自分がその場に舞い降りたような感覚が味わえます。

実際に声を張って歌ってみるととわかることですが、桜の樹の下で歌いながら、サビに差し掛かって一呼吸おいてから「千本桜ァー」と声を張り上げると一気に舞い散る桜吹雪、確かに気持ちいい体験です。カラオケというのはノッてなんぼなところがありますが、VRで歌うことでノる気持ちが最大限高まります。

1 2





piccoroccaさん

ご覧頂きありがとうございます!
感謝、感謝。
新しい話題を中心にまとめて行こうと思ってるのでよろしくお願いいたします(*´∀`)♪

このまとめに参加する