1. まとめトップ

軽度のうつ病の症状

どんな病気でも早期発見が好ましい。うつ病の初期症状を知り、早めの対策を。

更新日: 2016年05月17日

13 お気に入り 62289 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Four-Colorさん

無気力な状態になる

意欲のわかない状態が数ヶ月前から続いているが、仕事や家庭のイベントを休むほどではない。「定年退職して再就職したのに以前の調子が出なくなった」「些細な出来事が心のトゲになりいつまでも気にしてしまう」・・・といったものが挙げられる。

うつの8割~9割を占めると言われている「軽症うつ病」の初期症状。

睡眠に関連した症状

よく眠れない、早く目が覚める、二度寝をすると起きられない

自律神経の不調により起こる「睡眠障害」を起こしている可能性があります。

我慢ができずに、うたた寝をしてしまう

同じく、自律神経の乱れにより眠気を我慢できなくなります。

妙に現実的な夢を見る

睡眠中も脳内の緊張状態が説けず、現実と夢を混同してしまいます。

会社のある人が原因です。まず食欲減退、一日一食をほとんど飲み込むように食べるのが限界でした。
体重も落ち、めまい・不眠(その人が夢に出てきて目が覚める)・自分を責めて頑張ろうとする毎日が1ヶ月続きました。

身体のあちこちが痛い

頭が締め付けられるように痛い、肩や首が凝る

鎮痛薬を飲んでも痛みが取れない場合は、うつ病を疑いましょう。

目や耳、口が痛い。手足や腰が痛い、胸が痛い

あちこち痛むのに、内科で診断しても異常なしと言われてしまうことがあります。

風邪に似た症状がでることも

私は軽度の鬱と診断され、症状は微熱、不眠、寝汗、めまい、吐き気などがあり、精神状態も何もする気がおきず、涙が出てくることもあります。

風邪の症状が長く続き、精神状態が不安定になるようならうつ病かも。

感情がネガティブに、または鈍くなる

意味もなく突然泣きたくなる(または泣き出す)
・なんとなく、死にたいと思う
・何を食べても美味しく感じられない
・楽しいことが見当たらない

これで「軽度のうつ」。重度になるともっと酷い

鬱状態も波があります
私の場合はひどい時には駅のホームに立っているとき
頭の中で「飛び込め」とかいう声がしましたよ
それでも軽度という診断でした
本当の鬱ってひどいらしい
本当の鬱になったらおそらく一生ものです

1