1. まとめトップ

費用を抑えて!親族のみ神前式準備の記録♡

親族のみの神前式の準備。人数も少なくて簡単そうに見えますが、インターネット上に情報が少なく、何をすれば良いのかわかりません。そんな方たちのために、参考になればと思い、私が実際に準備をした記録を紹介します。

更新日: 2017年03月22日

28 お気に入り 21851 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yayoyayoyayoさん

◆はじめに

最近人気の和装結婚式。
ただ、一般的な結婚式場はチャペルで行う式を基本としているところが多く、神前式となると割高となってしまうことが多いです。
また、ホテル内で神前式を行えるところもありますが、やはり神社で行いたい。
そこで一番安くなるのが、和婚専門の会社に頼むことです。(神社に直接頼むよりも、和婚専門会社のパックを利用した方が安くなることも多いようです)
しかし、その場合は結婚式場のようなプランナーさんがいないため、色々と自分で手配する必要があり、さらに参考になるサイトがなく大変だったので参考に私が準備した記録を紹介します。

費用については、最後にまとめて紹介します。

◆私たちがやりたかったもの

*神前式は必須
*親族のみでの式(結果的に親族のみでも30人になりました)
*披露宴とゆうより、食事会でみんなに楽しんでもらいたい
*神社は自然豊かな場所がいい
*お色直しでは自分が持っている振袖を着たい
 →私は自分の振袖を着ましたが、色打掛やドレスをレンタルするプランもありました
*友人、会社の同僚は別で1.5次会をしたい
*無駄に派手なお金のかかる演出は不要

◆実際に私たちがやった結婚式の内容

*京都の「貴船神社」で親族のみで挙式(和婚ナビで手配)
*招待人数は約30名
*近くのお食事処「べにや」で会食(司会なし)
*余興、ウェルカムボード、プチギフトはなし

そんな私たちの準備の記録です

実際に行った準備、参考にしたサイト等をまとめています。
費用も記載しています。

◆目次

一通り、私が行ったことをまとめています。カッコ内の前者は私が行った時期、後者は本来やるべきだった時期です。

・和婚専門会社を決める(10ヶ月前、半年前)
・神社を決める(10ヶ月前、半年前)
・披露宴会場を決める(半年前、半年前)
・呼ぶ人を決める(半年前、3ヶ月前)
・交通手段、駐車場の確保(半年前、3ヶ月前)
・招待状を出す(1ヶ月前、3ヶ月前)
・引出物を決める(1ヶ月前、3ヶ月前)
・衣装合わせに行く(1ヶ月前、3ヶ月前)
・メイクリハーサルをする(3週間前、2ヶ月前)
・食事を決める(1ヶ月前、1ヶ月前)
・当日のペーパーアイテムの作成(2,3日前、1ヶ月前)
・席順を決める(2,3日前、1ヶ月前)
・両親へのプレゼントを決める(2,3日前、1ヶ月前)
・乾杯の挨拶のお願いをする(1周間前、3ヶ月前)
・進行を決める(1日前、1ヶ月前)
・当日の披露宴会場への指示(当日、当日)
・その他

・費用
・まとめ

◆なにからやればいい?

30人程度までの結婚式の場合、早めにやっておかないといけないことは以下です。
◆半年前
・和婚専門会社を決める
・神社を決める
・披露宴会場を決める
・呼ぶ人を決める

◆3ヶ月前
・交通手段、駐車場の確保(招待状に記載する必要があるため)
・招待状を出す(作り始めると意外と時間がかかるので余裕を持って作った方が良い)
・衣装合わせへ行く
・引出物を決め始める

その他は、ギリギリでもなんとかなるものでした。

◆和婚専門会社を決める

私は京都の「和婚ナビ」とゆうところにお願いしました。
色々な会社がありますが、大抵のところは同じようなプラン内容でセットになっています。
神社に直接お願いするよりも、こうゆう会社を介した方が安く済む場合も多いようです。
また、どの神社にするか決めていない方は、希望に合わせて神社を紹介してもらえました。
ただし、それぞれの会社によって提携している神社が違うので、もしここの神社が良い!と決まっている方は、その神社へ直接お願いするか、そこと提携している会社を選ぶ必要があります。

もともと安いので、値引きには応じてもらえない雰囲気でした。

私たちは訳があり、10ヶ月ほど前に予約しましたが、意外と直近でも空いているような印象でした。

私はフォトプランでお願いしました。
プランの料金に土日の場合は追加費用、神社への挙式料がかかります。
オプションで、両親の留袖モーニングのレンタル、着付け、母親のヘアメイク、メイクリハーサル、ヘッドピース(生花)、白無垢→振袖へのチェンジを追加しました。

オプションサービスはギリギリで追加も可能です。実際にヘアセットの予約は1,2週間ほど前にお願いしました。

その他の和婚会社

◆神社を決める

私は特に神社は決めずに和婚ナビさんへ行き、希望に合った神社(緑が多い、落ち着いた神社)を紹介してもらいました。
貴船神社、梨木神社、豊国神社、護王神社を見て歩いて、結局貴船神社に決めました。(最終、梨木神社と迷いました)
神社は自由に参拝できるため、1日で何件もまわることができます。希望に合わせて、神社の方とお話させてもらうこともできるようです。

◆披露宴会場を決める

次に披露宴会場を決める必要があります。
和婚ナビさんで紹介もしてくれます。
神社近くの食事処で和婚ナビさんで紹介いただけるところもありましたが、私は色々調べたり問い合わせをした結果、別のところで自分で手配しました。

貴船神社で挙げるのなら、川床で食事をしたいと決めていたので、貴船近辺で探し問い合わせ等をして検討した結果、「べにや」へお願いしました。
貴船の食事処は同じようなところが多いようですが、京都駅等からの送迎バスを無料で用意してもらえます。
式前の神社への移動、式後の神社から食事処への移動、食事後の京都駅への移動全てを無料で用意してもらえました。
とても親切な方が案内して下さり、とても良いものになりました。

私が調べた限りだと、その他「貴船荘」も披露宴として利用できるようです。

1 2 3 4 5 6