1. まとめトップ

【期待の2016年夏アニメ】テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

濃厚かつ感動的なストーリーで人気を博したゲーム「テイルズ オブ ゼスティリア」が再びTVアニメ化されるということでまとめてみました。略称は「TOZ-X」、「ゼスクロ」等。

更新日: 2016年07月02日

0 お気に入り 16593 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

INTRODUCTION

人の目には見えない霊的な存在「天族(てんぞく)」に囲まれて育った人間の青年・スレイ。
「かつて、人間の誰もが天族の姿を見ることができた」という伝承を信じる彼は、古代の謎を解明し、人と天族がともに生きる世界を実現したいという夢を抱いていた。

ある日、生まれて初めて訪れた人間の都で妙な事件に巻き込まれたスレイは、なりゆきから石に突き刺さる聖剣を引き抜き、世界の災厄を払う「導師」となる。
重き使命を刻み込む胸の中、人と天族の共存という夢はより熱さを増し——

仲間とともに、「導師」は大冒険の旅路への一歩を、今、踏み出す。

放送概要

【放送時期】
・2016年夏
【スタッフ(敬称略・順不同)】
・原作:バンダイナムコエンターテインメント
・キャラクター原案:いのまたむつみ・藤島康介・奥村大悟・岩本稔
・監督:外崎春雄
・キャラクターデザイン:松島晃
・脚本:ufotable
・撮影監督:寺尾優一
・3D監督:西脇一樹
・美術監督:キム・ミンジ
・色彩設計:大前祐子
・編集:神野学
・音楽:桜庭統・椎名豪
・オープニング主題歌:FLOW
・アニメーション制作:ufotable
【キャスト(敬称略・順不同)】
・スレイ:木村良平
・ミクリオ:逢坂良太
・アリーシャ:茅野愛衣
・ロゼ:小松未可子
・ライラ:下屋則子
・エドナ:福圓美里
・デゼル:小野大輔
・ザビーダ:津田健次郎

【放送局情報】
・TOKYO MX……7月3日より毎週日曜23:00~
・サンテレビ……7月5日より毎週火曜24:30~
・KBS京都……7月5日より毎週火曜24:00~
・テレビ愛知……7月5日より毎週火曜26:05~
・BS11……7月5日より毎週火曜24:30~
・テレビ愛媛、高知さんさんテレビ、岡山放送でも7月より放送開始
※放送日時は都合により変更となる場合があります。

主要キャラクター

CV:木村良平
外界から隔絶された天族の杜イズチに暮らす、天族に育てられた人間の青年。高い霊応力を備え、天族を知覚できる。子どもの頃、導師伝承と古代遺跡について記録された「天遺見聞録(てんいけんぶんろく)」を偶然手にし、それ以来、古代遺跡に興味を持つようになる。大陸中の伝承や歴史に詳しく、古代語を読むこともできる。純粋で心優しく、困った人を見ると放っておけない。

CV:逢坂良太
赤ん坊の頃からスレイと共に成長してきた天族の少年。スレイのことを、兄弟同然にして無二の親友であり、さらにライバルであるとも思っているため、スレイと言い争いになることもしばしば。スレイの言動に冷静な指摘を加えたり苦言を呈したりする役回りを自認している。スレイの影響で古代遺跡に興味を持つようになった。水属性の天響術(てんきょうじゅつ)を操る。

CV:茅野愛衣
グリンウッド大陸の北東部を治めるハイランド王国の、王位継承権の末席に位置する王女。母親の身分が低く王族内での地位も低いなか、権力の腐敗を見逃せない生真面目な一面が大臣たちからは煙たがられている。この災厄の時代に、希望と指導力、諦めぬ強さを示すことが自らの役目だと考える信念の人。自身を姫ではなく国に尽くす騎士と捉え、堅苦しい言葉遣いをするが、本来は明るく女性らしい人柄。

CV:小松未可子
商人ギルド「セキレイの羽」の主要メンバーで、大陸中を旅している。商売をしながら旅を続けてきたためか、二刀短剣を使った戦いは護身の域を遥かに超えている。屈託がなく前向きでマイペースな性格。人付き合いがいいが、自分の意見をしっかり持っており、信念に従って行動する。

CV:下屋則子
「引き抜いた者は導師になる」とされる伝説の聖剣に宿っている天族の女性。長い間導師の資質を持つ人間を待ち続けている。優しさと落ち着きを兼ね備えた大人の女性だが、少々天然なところもある。穢れの影響で人や生物が変化した魔物「憑魔(ひょうま)」に関して豊富な知識を持つ。火属性の天響術を操る。

CV:福圓美里
地属性の天響術を操る天族の少女。基本的に他人を信用せず、無機質で大人びた態度を取ることが多く、容易に本心を掴ませない。かなりの毒舌家でもあり、人をイジって翻弄し、戸惑う姿を見ることを好む。性格は極めて冷静だが、唯一の家族である兄のことになると、感情的になる一面も。お気に入りの傘には、謎の「ノルミン」というマスコットをぶら下げている。

CV:小野大輔
アウトローな雰囲気をまとい、風の天響術を操る天族。かつて、人間の傭兵団と共に過ごした経験から戦闘に長けており、二本のペンデュラムを鞭のように駆使して敵を翻弄する。喜怒哀楽はほとんど表に出さず、他人とのコミュニケーションも取りたがらない孤独主義者。

CV:津田健次郎
たったひとりで憑魔を狩る旅を続けている、風の属性を持った天族。軽口ばかりを叩くお調子者だが、その一方でいざというときには隙のない立ち居振る舞いを見せる。目的も正体も不明だが、戦いのセンスは抜群で、強敵との戦いを楽しむハンターのような感性もある。

MOVIE

OP主題歌アーティストFLOWのTAKEさんからのコメント

●『テイルズ オブ』シリーズという作品の印象をお聞かせください。

 シリーズ20周年ということも含め自分たちが10代の頃から長く愛されプレイされ続けている壮大なRPGゲームです。

●『TOZ-X』楽曲制作にあたって、どのような打ち合わせが行われたのでしょうか?

 実際、監督さんを始め主要スタッフ陣の方々とお逢いさせていただき今回の作品に対する想いや、楽曲に対するアイデアを聴かせていただいてから制作に入らせていただきました。これだけ濃密に制作サイドのみなさんと意見交換できたのは初めてのことでした。

●『TOZ-X』楽曲制作で、特にこだわったことは何ですか?

 とにかく作品の持つファンタジー感、かつ壮大さという世界観をしっかり音に落とし込むという事が一番の命題だったと思います。

●『TOZ-X』楽曲制作中、苦労されたこと等はありますか?

 今回のタッグの為に数曲書き下ろさせていただき聴いていただいて、制作サイドのみなさんとのイメージ共有には慎重に取り組ませていただきました。

●ファンの皆様へメッセージをお願い致します。

 今回『テイルズ オブ』シリーズの節目のタイミングでタッグを組み音楽で携われたことをとても光栄に思います。長い歴史の中で育んできた『テイルズ オブ』の世界観を大事にしながらFLOWらしく楽曲制作に取り組ませていただいたので、ファンの方々にも作品共々楽しんでいただけたらと思います。

ED主題歌アーティストfhanaの佐藤純一さんからのコメント

20周年を迎えた『テイルズ オブ』シリーズに携われて光栄です。今回のエンディングテーマでは、壮大な世界観とともに、ぼくたちfhanaもスレイたちと一緒に旅をしている気持ちで作りました。

 作品ともども楽しんでいただけたらうれしいです。

原作の人気について

関連サイト

1 2