1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

石原慎太郎元都知事と舛添要一前都知事には、豊洲市場の経緯説明で百条委員会に出ていただく。

もし、そこに至っても証言を拒否したり虚言に終始するのであれば、それなりの責任を取ってもらう

 先頃、自民党都議団のドン、内田茂都議に反発するグループの自民党都議との会談で、小池百合子都知事がキッパリ口にしたのが、元都知事2人の証人喚問の決意だという。これまでは都議会の過半数近くを占める自民党の反対で不可能とされてきた、百条委員会での証人喚問。しかし、ここへ来て“内田離れ”が相次ぎ、現実味を帯びている。
 小池氏周辺関係者がこう言う。
 「小池さんは、夏の都議選の争点は豊洲問題と位置づけた。総事業費は約6000億円。それに移転延期にともなう補償費を合わせれば、1兆円近くにのぼる。それが今後の調査結果で移転不可能となれば、大罪にほかならない。小池さんは、ここまで暗転したものを誰がどうやったのか、当時の議会は誰がどう賛成、反対したのかを都民、国民に向けてすべてさらけ出したい。そのためにも、移転決定から土地購入時の責任者である石原氏、過去の水質モニタリング時の責任者だった舛添氏への徹底追及が必要ということです」

 事は1月に出された豊洲市場の地下水モニタリング調査での衝撃の数値により、急ピッチで動き始めた。
 市場関係者がこう言う。
 「ご承知のように、有害物質のベンゼンが環境基準の79倍、ヒ素は3.8倍、さらには猛毒のシアンまで検出され、暫定数値ではあるものの、このままでは豊洲移転は絶望的。しかしなぜ、こんな数値になったのか。この結果が正しいとすれば、それまで行われた8回の調査で問題なしとされた数値はなんだったのか」

 全9回のモニタリングのうち、1~3回目は都が委託した調査会社2社が採取と計量を行っている。4~8回目はすでに建設中だったため、豊洲市場の建設工事を担当した鹿島、清水、大成建設JVのそれぞれの下請け各社が行った。今回の9回目は、入札で決まった環境分析を専門とする会社が採取・計量を行っている。
 「あまりに不自然なのは、1~7回目の調査が行われた舛添知事時代に、環境基準を超える有害物質が一度も検出されていないこと。そして、小池氏が就任後、8回目の調査において青果棟内で初めて基準値の1.1~1.9倍のベンゼンとヒ素が検出され、9回目で今回のような結果が出た。タイミング的に見ても不可解極まりない」(別の市場関係者)

 そこで当然浮上するのが、過去の検査結果の“改ざん”。その真相を究明するためにも、舛添氏の聴取は必至との声が次第に高まっているのだ。
 「聴取を拒めば百条委員会の設置となる。そのため小池さんは、反内田派の自民党議員らと急接近しています。彼らも夏の都議選に勝ち抜くためには、これまで利権にからみ疑惑まみれの内田氏と距離を置きたいのが本音。さらに自民党と距離を置いた公明党、他の野党が賛成することで、百条委員会設置の条件となる過半数賛成はクリアできる」(前出・小池氏周辺関係者)

 石原元都知事も崖っぷちだ。1月25日、都議会自民党の立石晴康、舟坂誓生両都議が記者会見を開き、豊洲市場や東京五輪を巡り噴出する問題について、こちらも百条委員会設置への賛同を呼び掛けたのだ。さらにこの動きと連動し、反内田派の自民党都議20人前後も、2月に新派閥を立ち上げる動きを見せている。
 「石原氏には“前門の虎”として反内田派などの出現もあるが、“後門の狼”として訴訟もある。豊洲市場については、都民が'12年5月“土壌汚染が確認されたのに対策費を考慮せず土地を購入したのは違法な公金支出だ”として、石原氏に土地購入費約578億円を請求するよう都に求める住民訴訟を起こしている。東京都はこれまで“石原氏に責任はない”とする立場を通してきたが、小池氏は方針転換を打ち出した。石原氏は針のむしろ状態です」(政治部記者)

 ここへ来て、小池氏が2人の証人喚問実現に積極的に動き始めた心情について、前出の小池氏周辺関係者はこう語る。
 「今回のモニタリング調査により、豊洲市場開場はまったく見えなくなった。その最大の責任者の1人である石原氏に公開ヒアリングを求めたが拒絶され、文書で回答を求めるも記憶にないとコケにされたまま。一方で石原氏は昨年、自著の田中角栄本でひと儲け。これには小池さんも歯ぎしりしていましたよ。舛添氏の方はと言えば、最近は少し痩せたと言われるものの、昨年暮れから今年にかけ二階俊博自民党幹事長や元同僚議員と頻繁に会い、一説には、これが政界復帰工作とも言われている。都議選も大事ですが、自分だけが火の粉をかぶったのに我関せずの2人に、小池氏は相当頭にきている。どんな手を使ってでも公の場に引っ張り出すつもりですよ」

もはや、築地市場の豊洲への移転は不可能だ。豊洲市場の地下水モニタリング調査で、衝撃の数値が出た。

関係者が今、疑っているのは、過去7回の調査で、有害物質の値を低く抑えるために、データが“改竄”されていたのではないかということだ。実際、「都は改竄の可能性も視野に入れている」(都政記者)という。

「全9回のモニタリングのうち、1~3回目は都が委託した調査会社が行い、4~8回目は豊洲の建設工事を担当したJVの下請け2社が行った。今回の9回目は、それまでとは別の会社が行いました。不自然なのは、前任者の舛添時代、環境基準を超える有害物質が一度も検出されていないこと。小池さんの知事就任後、急に数値が悪化するのは不可解です」
改竄が事実ならトンデモナイ話だが、次から次へと問題が続出する豊洲は、いよいよ「白紙撤回」しかない。

 改竄の事実を調査するために、小池サイドは当時の責任者である舛添氏から話を聞くつもりらしい。

「1~7回目のモニタリングが行われた時期は、舛添さんが都知事を務めていた。改竄があったのか否か、小池知事は、舛添さんへの“聴取”を検討しているといいます」
舛添氏をワル者にすれば、“小池劇場”が盛り上がるとの狙いもあるようだ。「小池VS舛添」は実現するのか。

「小池さんは、市場関係者から『移転時期をハッキリ示せ』と批判を浴びています。批判の声をそらすため、新たな“敵”として舛添さんに目を付けてもおかしくはありません。改竄があったのか否かなど、聴取すべきことは多い。舛添さんとしても、聴取を断れば余計に疑惑を持たれることになりかねません。舛添さんが引っ張り出されれば、メディアも連日、大騒ぎになる。計算高い小池さんのことですから、そこまで見据えているでしょう」

韓国への便宜を尽くす舛添都知事。

日本が報道自由度72位の理由が分かります。
韓国とメディアに不都合なことは
日本のマスコミは報道しない。

新宿区が希望した高校跡地への保育園や介護施設建設を却下しなぜか定員に余裕のある韓国学校増設に跡地利用決定した。
特に特養老人ホーム入所待ちの老人は多く他国の学校どころではない。
都民から怒りのクレームが7400件を越えたが保育園問題に異常に熱いはずのテレビは何故か本件は報道すらしなかった。

舛添知事 辞意固める 午前中にも辞職願提出へ

東京都の舛添知事は政治資金などを巡る一連の問題で、都議会が不信任決議案を可決することが確実となったことを受けて、みずから辞職する意向を固め、午前中にも議長に対し、辞職願いを提出することにしています。

東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、都議会では14日から15日未明にかけて対応を協議し、自民党と公明党を含む7つの会派が共同で舛添知事に対する不信任決議案を15日、提出することを決めました。不信任決議案は午後1時からの本会議で採決され、可決されることが確実となっています。

こうした状況を受けて舛添知事はみずから辞職する意向を固め、午前中にも議長に対し、辞職願いを提出することにしています。舛添知事は、おととし2月の就任以来、およそ2年4か月で辞職することになりました。

不信任決議案 取り下げの見通し

午後1時に予定されていた本会議では、自民党など各会派が提出した舛添知事に対する不信任決議案は取り下げられる見通しで、その場合、議長に辞職願が提出され次第、議会運営委員会の理事会が開かれ、本会議の日程について改めて協議することになります。

舛添知事の不信任決議案 可決確実で知事の対応が焦点

東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、都議会では自民党と公明党も含めた7つの会派が15日、舛添知事に対する不信任決議案を提出し採決を行います。不信任決議案は可決されることが確実で、舛添知事が辞職するのか、都議会を解散するのか、今後の対応が焦点となります。

東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、都議会では14日から15日未明にかけて対応を協議した結果、自民党と公明党を含む7つの会派が共同で舛添知事に対する不信任決議案を15日の本会議に提出することを決めました。決議案では舛添知事の政治資金を巡る問題や公用車の不適切な使用、それに高額な海外出張について「都議会での説明責任を果たしたとは到底言えず、都政の停滞や混乱を生じさせており、信頼回復はもはや不可能と判断せざるをえない」などとしています。不信任決議案は15日午後、採決が行われ、可決されることが確実となっています。

一方、舛添知事は14日夕方、議会側に対し、現時点では辞職しないとしたうえで、進退については9月の定例議会まで待ってほしいという考えを伝えていました。そして、14日午後10時すぎにいったん都庁を出たあと、すぐに引き返し、自民党の川井重勇議長と東京都連の内田茂幹事長と会談して進退について協議しましたが、不調に終わりました。舛添知事は不信任決議案の可決を受けて10日以内に辞職するか、都議会を解散するかなどの判断を迫られることになり、今後の対応が焦点となります。

自民「不信任決議案は残念」

舛添知事に対する不信任決議案を提出することについて、最大会派の自民党の宇田川聡史幹事長は「選挙に出る前に政策の協議をしたなかで、都政を高みに上げられる人だと思ったからこそ協力したのは事実だが、不信任決議案を出すに至ったのは残念だ」と述べました。そのうえで、不信任決議案が可決された場合、知事が辞職するか都議会を解散するかなどの選択があるが、どのような対応を求めるかと記者団から聞かれたのに対し、「知事の決定権ですから知事に任せるしかない」と話していました。

「奥多摩より近い」 舛添都知事の発言に市議会反発

連日の追及に続いて、来週には、東京都議会で、集中審議が行われることになった舛添要一知事。以前、神奈川・湯河原の別荘通いについて、東京の奥多摩より早く帰ってこられると説明していたが、その発言に、東京の多摩地域で怒りが噴出。地域の自治体からも、辞職を求める動きが出てきている。

都議会での答弁の疲労のせいか、やや疲れた表情で登庁した、東京都の舛添知事。

舛添知事は、「給与の返納をしたいと申し入れしました。(目的は?)いろいろ身を切るような対応をしてくれと、厳しく議会の皆様方に問われたので、わたしの1つのけじめのつけ方として、そういう形で、お応えしたいと思っています」と述べ、一連の問題へのけじめとして、自身の給与を大幅に減らすことを明らかにした。

しかし、舛添知事への不信感は増すばかり。今や、多摩地域の住民の怒りが爆発している。

清瀬市では、「やっぱり常識では考えられない」、「あきれて物が言えない。知事は、自分勝手なことばかりしている」、「失礼ですよね、本当ね」などと話した。

事の発端は4月。

神奈川・湯河原町の別荘への公用車通いが発覚した直後の「(湯河原で首都直下地震が起きたら)全く問題ありません。奥多摩よりも、おそらく早く帰ってこられる」、「少なくとも時間・距離的に言うと、早いです。湯河原の方が」との発言。湯河原より奥多摩の方が遠いと、突然、奥多摩を引き合いに出した舛添知事。この発言に対し、7日の代表質問では、都議会自民党の神林 茂都議が「このことは、奥多摩地域にとって、『遠い地域』であるという、ひどいマイナスイメージを抱かせるもの」と述べていた。

8日の一般質問では、その多摩地域選出の都議たちが声を上げた。舛添知事は、海外や美術館への視察を繰り返す一方、この1年間、一度も多摩地域の視察をしなかったという。

都議会民進党(西多摩選挙区)の島田幸成都議は、「何で知事は、湯河原の滞在を正当化するために、奥多摩や檜原を例に挙げたのでしょうか。西多摩地域や島しょ地域を見下げるような知事の発言には、地域の方も、深い失望と強い怒りを感じています!」と述べた。

都議会自民党(小金井市選挙区)の木村基成都議は、「いつの間にか、多摩地域からは足が遠ざかり、美術館ばかりを巡り、湯河原通いを指摘されると、『奥多摩より近い』と豪語する始末です。多摩に住む都民にとっては、たった1人しかいない都知事から放たれた言葉に、失望と憤りを感じています!」と述べた。

舛添知事は「今後は、東京全体への目配りを怠ることなく、魅力にあふれ、夢と希望に満ちた多摩地域の実現に向け、全力で取り組んでまいります」と述べた。さらに、多摩地域では、2020年東京オリンピック・パラリンピックをめぐって、不安の声も上がっている。

調布市では、オリンピックの開催に向け、新たな施設が建設されているが、事業者には舛添知事の名前が記載されている。今まさに建設中のバドミントン会場や、7人制ラグビーの会場になる味の素スタジアムがある調布市では、「不安です。やっぱり、ああいう知事の方だと、不安です」、「今の現状だと、任せて大丈夫なのかな」などといった声が聞かれた。

また、調布市と連携して、オリンピックを盛り上げようとしている隣の府中市。府中市のオリンピック・パラリンピック等推進担当者は「これから機運を高めていくタイミングなので、ゴタゴタが、停滞するような要因にならないように、していただきたい」と話した。

一方、清瀬市議会では、舛添知事の辞職を求める意見書を全会一致で可決。清瀬市議会の渋谷信之議長は「この意見書が、清瀬市議会全員の意志であることは、間違いありません」と述べた。

さらに、小金井市議会も、辞職などを求める意見書案を、10日の議会に提出する方向で調整している。自民小金井市議団の中根三枝幹事長は「市民の方々が、厳しい言葉をおっしゃるんじゃないですかね。小金井市の市議会としても、意見申さなければならない」と述べた。

これまで、都議会の各会派は、舛添知事の答弁について、説明責任が果たされていないなどと、強く反発。総務委員会の加藤委員長は「13日に、知事を呼んで、総務委員会で、集中審議を行うという決定をしました」と述べた。

どうにも逃れられないやつだけで 20件もあった

東京都の舛添要一知事は6日午後に記者会見を開き、政治資金流用疑惑などに関する弁護士の調査結果を公表した。

会見に同席した弁護士は、政治資金から支出があった6件の宿泊について「政治活動に無関係とまではいえないが、全体として家族旅行と判断するほかない」と指摘。飲食費も14件について「私的な食事だった可能性が強い」とする見解を示した。

ただ、いずれも「政治資金の使途に法律上の制限はなく、違法とはいえない」と結論づけた。宿泊などに関する支出について、舛添知事は「個人資産から返金したい」と述べた。

弁護士はほかに、絵画や書籍の購入の一部について「政治資金を支出することは避けるべきだったが、違法とは言えない」と述べた。舛添知事は「厳しい批判に値する極めて恥ずかしい行動を行っていた。心から反省したい」と述べる一方で、「都民のために努力して仕事していきたい」と述べ、辞任は否定した。

舛添知事をめぐっては、自身の政治団体の支出のなかに、私的な飲食や宿泊とみられるものがあるとして、「公私混同」との批判があがったことから、知事が5月、弁護士に依頼し、違法性の有無や道義的な問題点などについて調査していた。

説明の矛盾に気づかない弁護士

佐々木弁護士は、虚偽記載の件に関し自己矛盾していた。

「政治活動に該当するか否か」は最後は常識で決めると言った(我々も同じ考えだ)。
最後は常識で政治活動に該当するか否かを判断するのならば正月の宿泊は政治活動には該当しないだろう。
弁護士自身が「全体として見れば家族旅行である」と言ったじゃないか。

とすれば政治活動でないのに政治活動費として記載したのは「虚偽記載」に当たることになる。

舛添都知事 幼馴染みの元暴力団幹部から脅迫された過去…“舛添はカネに汚い”

政治資金の私的流用が取り沙汰される、舛添要一都知事(67)。自分のカネだけはきっちり守るその金銭感覚は、2001年の参院選で自民党比例区から初出馬した頃から――暴力団「工藤会」(本拠・北九州市)の原田信臣という元事務局長から脅迫される事態を招いているのだ。

この2人の関係は、ひょんなことから、テレビ業界で知られることになる。

「1990年代の半ば、北九州市では暴力団追放運動をきっかけに、企業などへの連続発砲事件が起こっていた。福岡県警は工藤会(当時・工藤連合草野一家)に対する摘発を強めていました」

と、ジャーナリストの大谷昭宏氏が振り返る。

「テレ朝の『サンデープロジェクト』で現地入りし、工藤会に取材を申し込んだら、対応に出てきたのが、原田事務局長でした。オンエアで、そのVTRを流すと、たまたまコメンテーターだった舛添さんが、“うわ、原田の信(のぶ)ちゃんだ。俺の幼馴染だよ。懐かしいな”と言い出した。その場はそれで終わったのですが、しばらく経って、今度は参院選挙の動向を報じるニュース番組を見ていたら、候補者の舛添さんの横に、その原田事務局長が映っていたのです」

2人は、実家が近所で幼馴染だったそうだが、一方は東大助教授を経て売れっ子の国際政治学者に、もう一方は、公正証書原本不実記載、住居不法侵入などの前科を重ねつつ、工藤会の中枢を担うメンバーへと、別々の道を歩んでいた。

工藤会のある有力幹部によれば、

「原田は、頭の回転が速くて、うちにとっては有能な事務局長やった。だけども、ギャンブル好きで、あちこちから、それこそ他の組織からも借金をして返さず、問題を起こした。それが5回も6回も続いたから破門になり、追加で、絶縁、所払いと処分が重なっていった」

最終的に所払いとなった原田氏は、壱岐島へと移り住み、家族とともに焼き肉店を始めたという。

「そこへ、舛添が訪ねていったみたい。あとで、原田から聞いたところでは、舛添の積極的な希望で、選挙を手伝ったり、後援会活動を行うようになったということだった」(同)

■“脅迫状”も

当選後、舛添氏の政治団体「九州ますぞえ要一後援会」が設立され、原田氏は代表兼会計責任者に就いた。

しかし、旧交を温め合う時間は長くは続かなかった。

有力幹部が続ける。

「初めの頃、原田は、舛添の地元秘書のようなものだと話していた。そうこうするうちに、県警本部の刑事から、原田が舛添を脅迫しよると耳にしました。さらに今度は、溝下秀男総裁(当時)に呼ばれ、“原田のこと、抑えろ”って指示された。それで、原田に会(お)うたら、資料をいっぱい持って、“舛添はカネに汚い、経費も交通費もくれない”と捲し立てていた」

原田氏は、舛添氏に対し、“脅迫状”も送っていたという。

「舛添からしたら脅迫状かもしれんけど、原田は、正当な社会正義なんだと説明しよった。説得には、数カ月かかりました。原田は、“黙認してもらいたい”と、舛添追及にものすごいこだわっとった。盛んに裏切られたと口にして、悔し涙まで流しとった。最後には慰留し、脅迫は引っ込めさせた。原田はカネにいい加減だったから、言い分を鵜呑みにできんところもある。ただ、舛添には、腹を立てたまんま、3、4年前に他界したんよ」(同)

舛添知事“釈明”「家族宿泊の部屋で会議」

東京都の舛添知事が家族旅行の宿泊費を政治資金で支払っていた疑いが持たれていた問題で、13日午後、会見を行った。舛添知事は家族旅行を認めた一方で、「ホテルで会議もしていたから政治活動だ」と説明した。

舛添知事「ご迷惑、ご心配をおかけし、大変不愉快な思いをさせたことを心からおわび申し上げます。私の不徳の致すところで、深く反省しまして二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ございません」「非常に政治的機微に関わる話ですから、会議室をとってやるようなことではなくて、(ホテルの部屋が)大きな部屋ですから、そこで1時間だったか2時間だったか終日だったかよく記憶してませんけど、政治の会議をやったんだと、知事に立候補するために」

舛添知事は、都知事就任前の2度の正月に、千葉県内のホテルを利用した費用合わせて約37万円を「会議費」の名目で政治資金で支払っていたが、13日の会見で家族4人の旅行で使ったホテルの宿泊費であることを認めた一方で、「部屋に関係者を呼んで都知事選に関する重要な会議を行った。家族の分も含め政治活動だと認識している」と説明した。会議に参加した人物や人数は「答えられない」としている。

一方で「誤解を招いた」として収支報告書を訂正し返金する意向を示した。舛添知事はその上で、「反省して、職務を全うすることで責任を果たす」として、辞任しないとしている。

舛添氏、釈明会見は火に油か 批判殺到

東京都の舛添要一知事が13日午後、定例会見を開き、自身の政治資金の私的流用疑惑について説明を行った。

舛添氏は、自身の政治団体(現在解散)が収支報告書に計上した「飲食代」の一部に私的な飲食費が含まれていたことを明かした。また家族旅行代ではと疑惑視された2013年正月と14年正月の、千葉県内のホテルでの「会議費用」約37万円は、都知事選出馬などに関する重要な会議を、家族と宿泊していた部屋を使用して行ったと説明した。

そのうえで収支報告書の訂正・削除および返金を行うとし、進退に関しては「全力を挙げて都民のために働く」「東京を世界一の町にする」と続投、さらには再選を経ての2020年東京五輪への意欲を示した。

午後2時からの舛添氏の会見は、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」などが生中継した。

ネット上のツイッターには「舛添」を含む投稿が午後2時からの1時間で1万件近くに及び、舛添氏に対する厳しい批判コメントが殺到した。

舛添氏の釈明に対し「納得した人はいるの?」「薄っぺらい言い訳」「見るに堪えない」「最低の言い逃れ」「笑ってしまった」などと、納得できる内容とは言い難かったようだ。

さらに舛添氏が続投に意欲を示したことに「辞職すべき」「形だけの謝罪」「全額返金と辞職を」「ホントに辞めて」と、支持を得ることはできなかったようだ。

前妻・片山氏 舛添氏釈明をぶった斬り

舛添要一都知事の前妻で参院議員の片山さつき氏が13日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜、後1・45)に生中継で出演。政治資金の私的流用疑惑についての会見を見ながら、「会計責任者を責めちゃいけませんよ」「これは苦しい」とバッサリ斬るなど、テレビ画面上で“生対決”した。

・・・

2013年、14年の正月に千葉県内のホテルで「会議費用」として約37万円を計上していた件について、「これはちょっと、安藤さん(MCの安藤優子キャスター)、苦しいよ。特にお正月の、あれだけ高額な支出だったら、経験のある会計責任者だったら、聞きますよ。『何の支出ですか?』って。しかも2年連続だったら」と疑問符。

みのもんた、舛添都知事の会見に「通ると思ったのかね」

1 2