佐々木弁護士は、虚偽記載の件に関し自己矛盾していた。

「政治活動に該当するか否か」は最後は常識で決めると言った(我々も同じ考えだ)。
最後は常識で政治活動に該当するか否かを判断するのならば正月の宿泊は政治活動には該当しないだろう。
弁護士自身が「全体として見れば家族旅行である」と言ったじゃないか。

とすれば政治活動でないのに政治活動費として記載したのは「虚偽記載」に当たることになる。

前へ 次へ