1. まとめトップ

ゆとり、ゆとりって、、実際『ゆとり』てどこまでを指すの?

近年の若者を指す代表的ワード『ゆとり』でも実際何がゆとりなの?

更新日: 2016年05月16日

mu_saanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 4991 view
お気に入り追加

『ゆとり世代』とは

①小中学校において1980年度、(高等学校は1982年度)学習指導要領による教育(ゆとり教育)を受けた世代説

②1966年4月から1978年3月生まれの説

③1987年4月から2004年3月生まれを指すという説

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E4%B8%96%E4%BB%A3#1966.E5.B9.B4.E5.BA.A6.E7.94.9F.E3.81.BE.E3.82.8C_-_1978.E5.B9.B4.E5.BA.A6.E7.94.9F.E3.81.BE.E3.82.8C より引用

つまり、『ゆとり世代』という言葉は思っている以上に広いのだ!
②の説をとるなら1966年=50歳もゆとりということになる!?(笑)

『ゆとり教育』って?

一般的にゆとり教育とは、1990年代のいじめや不登校など詰め込み型による教育が問題になってはじまったものです。内容はというと、これまでの詰め込み型を覆すような、自分で考えて行動するという総合的な時間や選択学習、プレゼンテーションの時間を増やすというものでした。ゆとりを持とうということで、週休二日に移行したのもちょうどこの頃です。


京都大学経済研究所 特任教授 西村和雄 氏は、ゆとり教育前世代(1966年3月以前の生まれ)、ゆとり世代(66年4月-78年3月生まれ)、「新学力観」世代(78年4月以降生まれ)と定義付けています。
http://scienceportal.jst.go.jp/columns/interview/20120604_01.html

『ゆとり教育』ってなんでダメなの?

子どもたちの想像力が豊かになり、ゆとりが生まれると期待されていたゆとり教育には、「大きな落とし穴」が潜んでいました。
それは、『学力低下の問題』です。
ゆとり教育では、総合的な学習の時間などと引き換えに、学習の内容がより簡単なものになっていたのです。この学力低下の問題におけるさらに大きな問題は、『貧困』です。学力低下で十分な学力がないと、貧困に陥ってしまいます。
このような問題もあり、ゆとり教育はわずか10年ほどで姿を消すことになったのです。

なるほど、個人の多様性やゆとりを持つことに重きを置き過ぎて肝心の勉強が疎かになってしまったんですね。
その結果、貧困問題が発生、、、これではゆとり教育が失敗であったというのもうなずけますね。

それでは『ゆとり』といわれる方の行動を見てみましょう。

※あくまで『ゆとり』の中でも一部の方のことだと個人的には思いますが、、

①仕事の説明をしているときに大あくび

うーん、、これは年配の方や国○議員の方でもいるような、、?

②「会社のお酒の席で『自分の知り合いも呼びたい』と言い出した。

これはアウトですね(笑)

③上司に「ついで」でものを頼む

これも、関係性や内容でも変わってくるような気もしますが、上司なのでまぁアウトですね

④簡単な仕事だから午前中に終わらせるようにと念を押したら、午後に『あんたには簡単かもしれないけど、自分には大変だった』と言われた

まぁ、、これはゆとり云々の話かと、、

⑤「飲み会は残業代出ますか?」

『飲み会』の捉え方に関しては若い世代と年配の方とで違うみたいですね。

とにかく皆さん『心』にゆとりを持ちましょう

確かに一部の若い世代に驚かされる方々もいるでしょう
しかし、『ゆとり教育』を取り入れたのも上の世代の方々なのです。
それに年配の方々の行動・言動にもおかしな点はいくつもあります。
つまり、「これだから、、ゆとりは」などと一括りに上からモノをいうのではなく、
互いに心にゆとりを持ち、支え合うことが大切なのではないでしょうか。

現在は『さとり』世代が急増中!?

さとり世代の特徴

1





mu_saanさん

音楽、カメラ、スイーツが好きな20代
「とにかく何でもやってみる」がモットー