1. まとめトップ

氷室京介×WOWOWのコラボが凄い!氷室京介のラストライブ「LAST GIGS」もラストステージへ!

氷室は、4大ドームツアー『LAST GIGS』を最後に、ライブ活動の無期限休止を発表しており、WOWOWではそのファイナルである東京ドーム公演をオンエア。また、5月28日には、過去に放送したソロ25周年特集の3番組を再編集した特別編も放送予定だ。

更新日: 2016年05月27日

4 お気に入り 17900 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

氷室京介のラストライブ「LAST GIGS」もラストステージの東京ドームへ!

デビュー30年超えで東京ドーム3DAYSひとりで超満員にできるのなんて氷室京介しかいない!

氷室京介のドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」ファイナル公演が、5月23日に東京・東京ドームにて行われた。

開演時刻を迎え場内の照明が落ち、氷室のこれまでの軌跡を振り返るオープニングムービーが流れ始めるとすさまじい歓声と手拍子がドーム内にこだました。

映像が終わるとステージに氷室が登場。

「最後の夜だぜ!」と叫び、1曲目「DREAMIN'」を歌い上げる。サビでは氷室の煽りに応え、観客が大合唱を響かせた。

SUMMER GAMEでダブルアンコールが終わってもファンの手拍子は鳴り止む気配を見せず、開演から3時間以上を経てのトリプルアンコールに。

官能的に「SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL」を歌い上げたあと、いよいよ最後の曲「B・BLUE」が始まった。

氷室は時折笑顔を浮かべながら最後まで力強い声で歌い、観客も全身で最後の1曲を楽しんでいた。

ラストナンバーを歌い終えた氷室は微笑みながら「サンキュー、東京ドーム!」と挨拶。客席に投げキッスを送った。

「花が散って、これから夏が来る。最後にぴったりの曲を歌います」。

曲はSUMMER GAME。東京ドームが全点灯し、観客全員の顔が見え、本当に1つになった瞬間を見た氷室は、感極まって歌えず。

その姿で十分。最高だった。

ライブハウス東京ドームへようこそ!

氷室京介が引退するというのがいまだにピンと来ない。

難聴とか体力面の事情はわかるけど今日のパフォーマンスをあと二日連続でやろうって人が限界とはとても…。

東京ドームをライブハウスのようにできる人なんてこの人と、ごく少数数えるくらいじゃないか。

氷室京介 メモリアルプレート!

LAST GIGS CREWのスタッフTシャツがヤバかった。これ、販売して欲しい。

との声が!

東京ドーム横のホテル!熱いファンが独占中!

WOWOWは、氷室京介が東京ドームで開催するツアーファイナルの模様を、2016年夏に独占放送すると発表した。

作品やパフォーマンスは言うに及ばず、発言や生きざまを通してロックを体現しているアーティスト氷室京介。

4月からスタートする4大ドームツアー“LAST GIGS”をもってライブ活動休止を発表した氷室をWOWOWは全力でサポート。

WOWOWとは過去にもコラボを!

音楽シーンを語るうえで欠かすことのできない偉大なるロックのカリスマ、氷室京介。2013年7月21日にソロデビュー25周年を迎えた。

この区切りの年を記念して、幾多の名曲、幾多の名盤、そして幾多のスーパー・パフォーマンスで我々を魅了し続けてきた彼のスペシャル番組をお届けする。

過去のライブ映像、WOWOW秘蔵のライブ番組アーカイブスなども網羅し、「ライブで綴る氷室京介の25年」をお見せする。

氷室京介が好きな人は氷室さんだから許される事が多数ある!?

「そしてこの、俺様...氷室京介だ!!!」

氷室さんのLAST GIGSの福岡ドーム!参戦したナゴヤドームが終わってもチェックしてます!メンバー紹介でこの言葉を聞けて喜んでいるファンが多数!

年齢を重ねて、大人になり丸くなったけど、ボウイ時代は絶対君主のような存在だったから、この言葉を最後に聞けるのはファンとしては嬉しいだろうな!(笑)

ソロデビューした1988年のレコード大賞でアルバム大賞を受賞した時も「ファンの皆様と俺の実力です!」の発言も氷室さんだから許される。

上下赤のスーツが唯一似合う男!

ちなみに上下青も似合う!

700万回以上再生されているKISS ME

KISS MEのプロモーション映像のこの動きは神!

このB.BLUEの最後の方のポーズも氷室京介だから許される!

いちいちカッコいい動きやキザな所は氷室京介だから許されて、他の人がやるとギャグか不快感しか与えない。他にも多数あり。

そしてあの歌声は誰も真似できない!

後は、東京ドームの3デイズのみ。

世代は違うけど、もっとも影響を受けた歌手のライブ活動の引退はこんなに寂しいんだな。

と、最終日が近づくにつれて感じてきた、、、、。

1 2 3