1. まとめトップ

製品ライフサイクル(PLC) ~製品の一生を4つの時期で考える

製品ライフサイクル(PLC)には、「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の4つの段階に分けている。PLCは、「Product life cycle」の略で、プロダクトライフサイクル。

更新日: 2016年05月16日

mamekotoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1432 view
お気に入り追加

製品ライフサイクル(PLC)とは

製品ライフサイクル(Product life cycle)とはマーケティング用語の1つで、製品が市場に登場してから退場するまでの間を指し、普通は各製品に対してこの間の売上と利益の変化に着目して、最適のマーケティング戦略を構築するための基本的な情報となる。

製品ライフサイクル理論(Product Life Cycle)とは、製品が、導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つの段階を経るという理論を指す。

プロダクトライフサイクル(Product Life Cycle)とは製品が市場に投入されてから、次第に売れなくなり姿を消すまでのプロセスのことをいう。いわばその市場における製品に関する需要の寿命を示したもので、製品を生物の一生にたとえて考えることから、ライフサイクルという表現が使われている。製品ライフサイクルとも言う。

製品ライフサイクル(PLC)は、一部業界で実証されるに留まっているが、1970年代に一般的な戦略手法として受け入れられた。BCG成長率・市場占有率マトリックスでは、経験曲線効果と共にこの理論を基本要素としている。

各段階で考慮すること

製品ライフサイクルでは、各段階の収益や、行うべきマーケティング活動がフレームワーク化されています。

導入期……市場に製品が導入される時期で、初期投資(イニシャルコスト)で利益は少ない。導入された初めは知名度・ブランド力の低さで需要が停滞するものの、その後はゆっくりと需要が増加し続けていく。

成長期……市場における製品の優位性や知名度(ブランド力)の向上、流行・口コミの形成により、急速に売上が増加して利益率も上昇していく時期。

成熟期……市場の潜在的な需要を開拓して、製品が十分に普及した時期で、それ以上の成長が難しい成熟の段階。収益は高いレベルで安定することもあれば、市場の競争激化で収益が減少してしまうこともある。

衰退期……市場における需要と成長余地が減少して、売上・利益も次第に減っていくという製品の衰退の段階。他の製品の技術革新による競争力の喪失などで、完全に市場(消費者)の需要がなくなるとそのまま市場から撤退させられてしまうこともある。

製品ライフサイクルにはいくつかのパターンがあります。戦略を見誤らないためにも、それぞれの特徴を理解しておかなければなりません。自社製品のライフサイクルがどのパターンにあてはまるのかを判断する分析力も、マーケティング戦略に不可欠な要素の一つです。

流行スタイル型
ファッション型
ブーム型
遅咲き型
持続・継続型

各ステージにおける主な顧客
 導入期から衰退期に至るまでの中心的な顧客は、イノベーター理論とも関連が深い。

導入期の主な顧客
 イノベーター(Innovators:革新者)とアーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)

成長期の主な顧客
 アーリーアダプターとアーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)

成熟期の主な顧客
 レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)とラガード(Laggards:遅滞者)

衰退期の主な顧客
 ラガード

製品ライフサイクル管理

近年の経済環境化においては、有効な投資領域へ経営資源を集中するため、更に量産段階以前でのコストダウン効果を得るため、複数年度に亘っての製品ライフサイクル原価の把握と業績評価の仕組みが求められています。

動画解説

口コミ情報

製品ライフサイクルと価格戦略のお話をします。製品ライフサイクルは①導入期②成長期③成熟期④衰退期の4つにわかれます。 ①の導入期 製品を市場導入した直後で 1需要が喚起されていない 2開発費が回収されていない の2つの点がある。

【経営学】 マーケティング戦略② 製品ライフサイクル 導入期:知名度を高める 成長期:シェア拡大 成熟期:新たな需要の開拓 衰退期:新たな需要喚起、または撤退

製品ライフサイクル ②の成長期 需要が急伸し、競争も激化 企業間競争の方向付けが多様化、とりわけ製品差別化が激化 成長しているということは競合他社との差別化は不可欠だ。 そんな時期。

製品ライフサイクル ③の成熟期 成長停滞 競争より利潤に感心が移行 安定的な利益を得ることを目標にする。 ずっと成長することはありえないため。

1 2





このまとめに参加する