1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

はじめに

お酒をたくさん召し上がったり、寝酒を飲んだ夜の翌日、朝起きるのがつらいという経験はありませんか?

飲酒をすると眠りが浅くなって睡眠中に目が覚るなど、睡眠の質が悪くなってしまいます。

飲み前にやること

飲み会の前にペットボトル1本分ぐらいの水か麦茶などを飲んでおくといいでしょう。

飲んでるときに

適量を守る。アルコール健康医学協会では、1回の飲酒の適量を純アルコールで20gとしています。これは、日本酒なら1合、ビールロング缶1本です。

家に帰った後

入浴を避ける

お風呂に入ると発汗するので、これも脱水に繋がります。

脱水症状に拍車を掛けて肝臓のアルコール分解を阻止することに

体が失った栄養素を補給する

タウリンなどを含む栄養ドリンクは肝臓の機能を向上させ疲労回復に効果がありますが、大抵はカフェインが入っており就寝前には適しません。

最近は就寝前の服用を前提としたノンカフェインの栄養ドリンクも若干ですが存在します。

頭痛薬や睡眠薬を服用はNG

口薬は胃で溶け腸で吸収された後、肝臓で成分がある程度分解されます

胃を傷めたり肝臓障害を起こすなどの副作用も大きくなるといわれています。

起きるためには

早く切り上げることが大切

1 2