1. まとめトップ

とにかく痩せたい!1週間で美脚になる太もも痩せダイエット

ついつい見て見ぬふりをしていた太もも。いつぞや現状を直視した際、あまりの惨状に唖然…。さっそく簡単に「ながら」にできる方法をまとめました

更新日: 2016年05月19日

4 お気に入り 814 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

blackboard55さん

▷むくみ対策にはマッサージ

痩せたい?
YES
痩せたい!

ということで、
マッサージからはじめてみませんか♪

マッサージがむくみ解消に有効な理由

•むくみは、体内の余分な水分が重力によって心臓より低い部分にたまることによって起こる
•筋肉がしっかりついている人は筋肉が収縮することによるポンプ作用でむくみが出にくいが、女性には筋肉が少ない人が多い
•そのため、マッサージを行なうことによって下から上へ余分な水分を移動させるとむくみが軽減されるので太ももが細くなる

老廃物をそけいリンパ節に流す。

好きな香りのボディクリームを使っても、
お風呂で身体を洗うついででもOK!

▷スクワット 10回×3セット

ゆっくりスクワット10回×3セット(休憩1分)

膝を傷めないように、つま先より前には出さないように注意

あの森光子さんは、なんと一日150回されてたとか

▷太ももの内側(内転筋)を鍛える

内転筋を鍛えると、骨盤が整う、太ももの広がりを防げる、血流・リンパの滞りが改善されむくみがとれる、という点から、美脚に近づけるというわけです。ちなみに、骨盤が整うと内臓の位置も整うので、下っ腹が出る「ぽっこりお腹」の改善にもつながります。

寝ながらできるエクササイズ

(1)横向きに寝て、下になった方のヒジをついて手で頭を支えます。

(2)上側の脚を下側の脚の前に組みます。このとき、上側の脚はヒザを曲げて足の裏が床につくようにしましょう(前から見たら脚で4を作っているイメージです)。

(3)下の脚を伸ばしたまま、真っ直ぐ上に浮かせます。

(4)この状態で、浮かせた脚のつま先を天井に向けて上げます。

(5)ゆっくり下ろし、床につかないギリギリの位置で止めます。

(3)~(5)を5回くり返しましょう。浮かせる脚の内ももが使われているのを意識して行ってください。反対の脚も、同様に行います。

▷両脚クロスエクサで太もも引き締め

オフィスで、仕事しながら

両脚クロス10秒キープ×10回

1. 椅子に浅めに腰かけて両脚をクロスしましょう。背筋を伸ばしたまま、腹筋を使って床と平行になる高さまで両脚を持ち上げます。背中が曲がってしまうor後ろに倒れてしまう人は、両手を座面に添えて上体を支えてみて。
2. 両脚を押し合うように内ももに力を入れて10秒キープ。
3. 脚を一旦下ろし、左右の脚を組み変え、同じ要領で10秒キープ。これを10回行いましょう。

▷ウォーキング

足痩せのための正しいウォーキングの方法をご紹介します。
お腹に力を入れて、背筋を伸ばします。かかとから着地し、つま先で地面を蹴り上げるようにして歩きます。体を上下左右に揺らさずに、腰と頭の位置をなるべく変えないように意識して歩きます。太ももの表ではなく、裏を意識するようにして歩きましょう。小幅で歩くより、大幅で歩く方がより太ももの裏の筋肉を使うことができます。正しい姿勢で歩けるようになったら、歩く速さを速めるとより効果がアップします。

太ももの裏を意識して歩くのが、ちょっと難しそうです…が、頑張ります

1