1. まとめトップ

日航機墜落、妻子に書きのこした河口博次さんの愛情溢れる遺書

1985年の日航ジャンボ機墜落事故で「本当に幸せな人生だった」と家族あてに感謝の遺書を記していた乗客、河口博次さん。死の間際の時まで残る家族のことを考え、感謝の言葉を綴った彼の言葉は胸を打ちます。

更新日: 2016年05月17日

2 お気に入り 7868 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日航機墜落、妻子に書きのこした河口博次さんの愛情溢れる遺書全文

マリコ

津慶

知代子

どうか仲良く

がんばって

ママをたす

けて下さい

パパは本当

に残念だ

きっと助かる

まい

原因は分らない

今5分たった

もう飛行機

には乗りたく

ない

どうか神様

たすけて下さい

きのうみんなと

食事したのは

最后とは

何か機内で

爆発したよう

な形で

煙が出て

降下しだした

どこえどうなる

のか

津慶しっかり

たんだぞ

ママ こんな事

になるとは残念だ

さようなら

子供達の事

をよろしく

たのむ

今6時半だ

飛行機は

まわりながら

急速に降下中



本当に今迄

は幸せな

人生だった

と感謝して

いる

当時お子さんだった方のインタビュー

日航機墜落30年 機体に何が 元パイロットが新証言

1