1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mrbcourseさん

そんな長谷川がものすごい暴言を吐きました。なんと人工透析患者は死ねと言い放ったのです。

もちろんこの暴言には非難が殺到。

そしてレギュラー出演していた番組はすべてクビになりました。

長谷川アナは騒動前、「バラいろダンディ」、「ニュースリアル」、「上沼・高田のクギズケ!」、BS12チャンネル「未来展望」にレギュラー出演していたが、「未来展望」は9月に番組終了。残りの3番組を降板し、全てのレギュラーを失うことになった。

さらにはこんな厳しいことも

番組冒頭、アシスタントを務める元日本テレビの阿部哲子アナ(37)が長谷川アナの降板を伝え、「私個人としては今回のブログの件は長谷川さんが100%悪いと思いますし、フォローの余地は一切ないんですけれども、バカヤローと言いたい気持ちです。」

この長谷川、2017年の衆院選に日本維新の会から立候補した人物。落選しましたが2019年の維新公認で参院選に出馬予定でした。

でも長谷川の問題発言はこれだけではありません。

今回はそんな長谷川の物議をかもした発言を紹介します。

①被差別部落を誹謗中傷

発言が行われたのが2019年5月2日でしたが、2週間ほどたってから炎上しました。

長谷川は講演で「士農工商の下にエタ・ヒニン、人間以下の存在がいると。でも人間以下と設定された人たちも性欲などがあります。当然、乱暴などもはたらきます」と発言。何が「当然」なのかわからないが、さらに「相手(エタ・ヒニン)はプロなんだから、犯罪の」と発言。

確かにそういうイメージを持つ人もいるかもしれません。しかしこの発言は歴史的に見ても間違っていることが明らかになっています。

専門家によると、長谷川の話を裏付ける資料は見当たらないという。犯罪は身分と関係なく発生しており、江戸時代の被差別民は警察に近い役割を担っていた。要するに歴史の捏造までしているわけだ。

その後維新は長谷川の公認停止を発表。

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は31日、被差別部落への差別を助長する発言をしたフリーアナウンサー長谷川豊氏に関し、夏の参院選比例代表候補としての公認予定を取り消す方向で党内調整が進んでいると明らかにした。

ろくでもない候補がいなくなって良かったです。

②川谷絵音の妻は犯罪者と断言

長谷川は「川谷の奥さんが流出させた。これは犯罪だ。」と言いました。そうと決まったわけではないのにです。

この奥さん、ここからの行動があまりにもひど過ぎる。

彼女はもう多く言われているように、クローンiPhoneを制作してラインの画面を抽出しているのです。あ、諸説ある、とか面倒くさいこと、もう言う気はありません。私自身、様々な取材をしている身なのでハッキリ言いますけど、あのラインの画面の流出元が彼女以外いないことくらい、みなさんだって分かってるはずなので、言いきっちゃいます。あのラインの画面を文春さんに持ち込んだのは当然、奥さんです。

で、この行為なんですが…皆さんも分かってますよね?犯罪ですからね?しかも刑事事件です。テレビのコメンテーターたちに本気で言いたい。分かってる?この3人の中で、完全にダントツで一番ダメな行為をしているのはゲス谷君の奥さんであることは法治国家日本において明白です。

もちろん非難をたくさん浴びました。

③テレビでデマを流し選挙妨害をする。

長谷川はおおさか維新のシンパと言われてます、それはかつて自民党の候補を叩くためにデマを流したことがあるからです。

1 2