1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

参議院から内閣に対して、ついに「警告」が決議されました。

あまり、報道も無いようなので、「モリトモ」「日報問題」の部分を載せておきます。与野党超えて、ほぼ全会派一致です。

重要なのは、稲田朋美というこの国の防衛大臣が、あのトンデモ学校法人とほとんど大差ない思想をもっているということだ。稲田は2月23日の衆院予算委員会で民進党の辻元清美議員に教育勅語について質問され、こう答えている。「教育勅語の」lite-ra.com/2017/03/post-2…

教育勅語暗唱を妨害するな;稲田朋美が森友学園のために文科省を恫喝していた! 夫が顧問弁護士だった疑惑も|ニフティニュース news.nifty.com/article/domest… 安倍と稲田に任せておくとその内上手いこと言ってまじで戦争おっぱじめそう・・・

saigaijyouhou.com/blog-entry-157…籠池佳茂氏が怒りを込めて衝撃の情報を暴露しました。 取材を週刊ポストによると、長男は今まで応援していた政治家が次々に関係を否定したことに激怒しており、実際に関係を持っている政治家の情報を公開した。 安倍晋三、稲田朋美や山谷えり子

田防衛相は先月末、防衛省が森友学園の籠池理事長に感謝状を送っていた問題を国会で取り上げられた際、籠池氏と面識があるか問われ、「面識はありますが、ここ10年お会いしておりません」「か、ご、い、け?やすのり?さん」とたどたどしく読み、「面識はあるが、どういった機会で会ったか定かではない」などと曖昧な答弁をしていた。塚本幼稚園を知っていたかについても、「聞いたことはありますけれど、その程度でございます」と答えていた。

 しかし「聞いたことがある程度」とは笑わせるではないか。実は、稲田防衛相は過去に、塚本幼稚園をめぐって、文科省に圧力をかけていたことがあるのだ。文科省が塚本幼稚園の教育勅語暗唱を「適当でない」とコメントしたのに対し、「なぜいけないのか」と恫喝していたのである。

 実は、この事実は稲田防衛相が自ら認めていることだ。「WiLL」(ワック)2006年10月号の新人議員座談会で稲田は自慢げにこう語っているのだ。

この二人の笑顔*\(^o^)/* 「稲田朋美」自由民主党政調会長の手が(・・;) @ グランドプリンスホテル新高輪 (Grand… instagram.com/p/BFga6-eARDvD…

何処からどう比べても、自民党の稲田朋美政調会長とは格が違い過ぎます。安倍総理大臣に指摘されて逆ギレする様なところには知性を感じられません。 twitter.com/annfrom99/stat…

【稲田氏は読解力なし】民進党・枝野幸男幹事長会見。岡田代表の発言で自民・稲田朋美政調会長が抗議している件で「あまりにもレベルの低い三百代言的やり方。捻じ曲げて言ってて情けない」 よく司法試験受かったなと言いたいのね。 #kokkai pic.twitter.com/0Fjx54bbGb

自民党の稲田朋美政調会長と民進党の岡田克也代表のバトルに、同党の枝野幸男幹事長が“参戦”した。 弁護士でもある枝野氏が17日の記者会見で、稲田氏が弁護士であることを念頭に 「あそこまでねじ曲げて理解するような国語の読解力では司法試験に受からない」 とこき下ろしたのだ。 稲田、岡田両氏のバトルは、安倍晋三首相が今年2月3日の衆院予算委員会で、 戦力の不保持を宣言した憲法9条2項の改正の必要性に言及したことをきっかけに勃発した。 岡田氏が今月3日のNHK番組などで「わざわざ稲田政調会長に質問させて総理が答えている」と指摘したことに対し、 稲田氏は15日のNHK番組で「嘘をついた。訂正と謝罪を求める」と抗議。

これを受けて民進党が「発言を都合のよい形で取り上げて公党の党首を嘘つき呼ばわりした」 とする辻元清美役員室長名の抗議文を送付するなど、泥沼の応酬が続いている。 枝野氏の17日の会見での発言の詳報は次の通り。 「(15日のNHK番組の)『日曜討論』でも稲田政調会長がゴチャゴチャおっしゃっておりますが、 まあ、あまりにもレベルの低い三百代言(さんびゃくだいげん)的やりかたなので、あまり深く私も申し上げたくありませんが、 日本語の読解力がなくて、あんなわけの分からんこと言ってるのか、分かっていながら挙げ足をとっているのか」 「一応、稲田さんも司法試験に受かってらっしゃると聞いておりますので、さすがに日本語の読解力が、 岡田代表の国会質問等の発言について、あそこまでねじ曲げて理解するような国語の読解力では、 司法試験、受からないと思いますので、まあ、まさに三百代言的にねじ曲げて都合のいいことをおっしゃっていると、 情けないなあということを指摘をしておきたいと思います」

1