1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

donchan1022さん

【ラバーゼ】水切りかご

著名な料理研究家・有元葉子さんが、日本のメーカーと開発した“作り手の使い勝手にこだわったキッチンツール”

ステンレスで作られた、一切無駄の無いデザイン。 屈強な造り・・・。 包容力溢れるサイズ・・・。 どれをとっても、これまで見てきた水切りカゴ中最高の品質。

【ホーキンス】小型圧力鍋

料理研究家の夏井景子さんは日頃、白いご飯より玄米を炊くことが多いそう。お米を炊く時にいつも愛用しているのがインド製のアルミの圧力鍋。

圧力鍋は普通の鍋と比べて重いイメージがありますが、この圧力鍋は中に玄米が入った状態でも片手でサッと持てるほどの軽量さ

【イイヅカ】ゴムベラ

このゴムベラを愛用する、フードスタイリストの岡本ゆかこさんが絶賛。

ゴムベラは“しなり”がないと、混ぜる時にボウルの底と側面の間の生地をうまくキャッチできないんです。でも、イイズカのゴムベラはとても滑らかにしなり、生地をきれいにかき混ぜることができるんですよね。

【自在道具】香味鍋

「自在道具(じざいどうぐ)」は、料理研究家・松田美智子さんがプロデュースする調理道具のこと。彼女の長年の知恵から生まれた、機能美と使い勝手のよさが特徴です。

揚げ物以外は何でもできるという、これまでにない鍋。煮たり炊いたりするだけでなく、炒め物に使えたりオーブンや電子レンジにだって使用できちゃいます。

【包丁工房タダフサ】包丁

フード・ケータリングが人気の「MOMOE」さんが愛用している包丁。包丁工房タダフサは、金属加工が盛んな新潟県三条にある刃物専門店。三条の鍛冶の技を伝承した職人の手によって一つ一つ丁寧に作られています。

タダフサの牛刀は本当に軽くて、柄の部分がすごく握りやすい。1年ほど使っていますが、今のところ刃も錆びていませんし使い勝手がいいんです

【ウェンガー社】スライサー

『パンといっぴき』の著者としても知られる、料理家の桑原奈津子さんが愛用するスライサー。

このスライサーの独自の波刃は、切りづらいものもしっかりととらえることができ、薄くきれいに切ることができます。表面の固いバゲットや柔らかい食パンをカットしても、もとの形を崩すことなく、きれいな切り口になるので、見栄えの良さも魅力です。

「これまで試したたくさんのスライサーのなかで、これ以上に切れ味のいいスライサーとはまだ出会っていません」という、桑原さんお墨付きのスライサー。

1