1. まとめトップ

ポーターの3つの基本戦略とは

下記、3つの基本戦略をお伝えします。

1)コストリーダーシップ戦略(価格戦略)
2)差別化戦略(付加価値戦略)
3)集中戦略(差別化集中戦略、コスト集中戦略)

■ポーターの事業戦略類型
事業戦略構築の上で基本となる3つの競争戦略を紹介していきます。3つの競争戦略とは、次のものになります。

・コストーリーダーシップ戦略(コスト競争で勝っていく戦略)
・差別化戦略(差別化で競争相手より優位に立つ戦略)
・集中戦略(特定の分野に的を絞って経営資源を集中する戦略)

(1)コストリーダーシップ戦略
 競合他社に比べて低コストを実現することが基本テーマですが、低コストを標榜するあまり、製品が消費者ニーズとかけ離れたものにならないように注意が必要です。

(2)差別化戦略
 ブランド、デザイン、サービス、チャネルなどで差別化を図り、高マージンを実現することが基本テーマです。したがって、価格以上の価値の提供が求められます。
 ただ、差別化を追求するあまり、市場が狭くなりすぎたり、価格が高くなりすぎたりしないように注意が必要です。

(3)集中戦略
 特定の顧客、製品、市場などに経営資源を集中する戦略です。その場合、コスト・リーダーシップを実現する戦略と差別化を実現する戦略、あるいはその両方を同時に実現する戦略が考えられます。

1つめの基本戦略はコストのリーダーシップです。コスト面で優位であれば、競争が厳しくなっても、自社の利益性は相対的に守られるのです。ただし、コスト・リーダーシップは技術変化や新規参入などの環境変化のリスクに弱いともポーターは指摘しています。

 2つめの基本戦略は差別化です。製品機能やイメージなどで特長があれば、相対的な高価格が維持でき、同質的な競争も回避できます。この戦略でも、極端な低価格攻勢や、模倣をする競合に対しては、優位を守れなくなるリスクがあります。

 3つめの基本戦略は集中です。特定の市場に経営資源を集中して優位を達成すれば、その分野への新規参入は限定され、利益性が守られます。集中戦略は市場を限定するので、全体的に大きなシェアをとれるわけではありません。また、ターゲットとする市場の特異性が薄れれば、全体の市場で優位に立つ企業との競争に巻き込まれます。

考慮するべき点

ポーターはこれらの戦略のいずれかに企業は集中し、一貫性を保つことが必要であると説いています。またコストリーダーシップ戦略を保つための技術力に関わる設備投資など、それぞれの戦略に伴うリスクも十分に認識する必要があるとしています。

ポーターによると、この「コスト・リーダーシップ戦略」と「差別化戦略」は絶対的なトレード・オフ関係にあり、コスト・リーダーシップと差別化を同時追及すると、かえって競争優位は得られないとしています。

その理由としては、

企業イメージの一貫性が失われ、評判・名声が落ちること。
経営陣から現場に至るまで、社内が混乱すること。具体的には、戦略が異なれば、ビジネスプロセス、従業員の知識・スキル、管理の仕組み、優先順位など、企業内部の要件が異なり、その結果、統制と調整に混乱が生じること。
を挙げています。

動画解説

5F(ファイブフォース)分析の後に3つの戦略を考える。

5F(ファイブフォース)分析の後に3つの戦略を考える。

口コミ情報

M.E.ポーターは、3つの基本戦略として、①低コスト戦略(コスト・リーダーシップ)、②製品の差別化、③集中化(ニッチ戦略・焦点絞り込み戦略)を挙げた。これらを単独または複数用いて競争戦略を練る。

1