1. まとめトップ
1 お気に入り 8474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

maganda123さん

最近のトレンドワードである「SNS映え」とは何か?
FacebookやInstagram、そしてTwitterなど、現在では様々なSNSがプライベートだけでなく仕事がらみでも利用されるようになってきました。その中で最近よく話題になっている「SNS映え」という言葉の意味を掘り下げます。

SNSってそもそも何なの?

SNSはソーシャルネットワーキングサービス(Social Networking Service)の頭文字をとったもので、wikipediaによれば、

インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築するサービスのことである

とあります。すなわち、インターネット上で現実と同じように「社会的」なネットワークを構築していくことです。

映えってどういう意味だっけ?

デジタル大辞泉によると、「映え」とは、

1 光を受けて照り輝く。「夕日に―・える連山」
2 引き立ってあざやかに見える。また、よく調和する。「紺のスーツにネクタイが―・える」
3 (栄える)りっぱに見える。目立つ。「―・えない役割」

とあります。ここで該当しそうなのは、人間が絡む3でしょう。すなわち、「りっぱに見える。目立つ」ということだと思います。

SNS映えとは?

「SNS」と「映え」の意味が分かったところで、この二つを直接組み合わせてみると、

「SNS映え」=「インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築するサービスで、りっぱに見える。目立つ」

ということだと言えます。イメージしにくい方は、「インターネット上の」を外してみてみましょう。すると、社会的ネットワーク上で立派に見える。目立つ。ということだと思います。

ここの「社会的」ということがキーポイントで、現実世界でも「立派」「目立つ」ものではないとSNS映えしないということも言えるかもしれません。

SNS映えとSNS疲れ

「SNS疲れ」という言葉が一時はやりました。mixiというサービスで「あしあと」という機能があったのですが、このとき他人の投稿(日記)を見たにも拘わらず、何もコメントをしないことを「踏み逃げ」といっていたようです。これはすなわち、SNSが社会的ネットワークであることを考えると、社交場で一生懸命話をしたもののそれにレスをせずに無言で立ち去ったのと同じだと考える人がいてもおかしくはないです。

そして現在では、Facebookなどで投稿に対して「いいね!」などのリアクションができるようになりました。「映え」については、「いいね!」というワードが「りっぱだね!」というワードに置き換えて考えると、「SNS映え」=「いいね!の数」ということになるのだと思います。

結局、投稿しても「いいね!」がつかなければ「りっぱ」とみなされないということなので、SNS映えしていないことになります。

SNS映え = 現実世界での評価

結局SNS映えするということは、社会的ネットワークの中で立派だとほめられ、目立つことと同じでした。これはすなわち、現実世界でのその人の評価に直結していきます。そう考えると、「SNS映え」の重要性がだんだんと分かってきました。

SNS映えするためには?

「SNS映え」するためには、SNS映えする投稿をしないといけません。では、どういう投稿が「いいね!」を獲得できるのか?それはどのようにすればわかるのでしょうか。一番簡単なのは、いいね!が多くついている投稿を見て研究することです。

しかし、それには時間がかかります。こういう最新のトレンドワード「SNS映え」がはやり始めると、それに伴ってそれをサポートするサービスも出てくるものです。SNS映えで検索して、SNS映えをサポートするサービスがいくつか出てきたので紹介します。

SNS映えするために役立つサイト

プライベートや休日もSNS映えする投稿をするチャンスです。そこで、SNS映えするスポットだけを集めて探せるサイトがありました。

どういう投稿をすればSNSでいいね!されるかを感情の面から分析した記事です。

他にも「SNS映え」をサポートするサービスを見つけたら順次追加していきます。

1