砂川事件(すながわじけん)は、砂川闘争をめぐる一連の事件である。特に、1957年7月8日に特別調達庁東京調達局が強制測量をした際に、基地拡張に反対するデモ隊の一部が、アメリカ軍基地の立ち入り禁止の境界柵を壊し、基地内に数m立ち入ったとして、デモ隊のうち7名が日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法違反で起訴された事件を指す。
(※Wikipedia「砂川事件」より引用)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【これは怖い】あなたにも私にも、日本国民には実は基本的人権がない。憲法は機能不全と知れ

憲法そのものが機能していない実態を知りましょう。憲法で保障された権利は、実はないに等しい実態があります。

このまとめを見る