1. まとめトップ
  2. カラダ

逆効果!?昼寝の○○が"寿命"に関わるかもしれない

なるほど…昼寝も、すりゃあいいってもんじゃなさそうだ。

更新日: 2016年05月20日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
269 お気に入り 258686 view
お気に入り追加

昼寝は、メリットだらけ!って最近よく聞く

昼寝は頭脳をリフレッシュする効果があります。昼寝により脳の情報処理能力が夜まで一定のレベルに保たせる点

だけど、昼寝で一時的に通常の状態を回復させてるだけなことも。

しかし昼寝は、人間にとって危険なこともある

なんと昼寝をしすぎると、「死亡リスク」が高まるとわかってきた!

昼寝の習慣があった約2万人と、昼寝をとらない約4万人を比べると、昼寝をとる人の方が1.19倍、死亡リスクが高いとの調査結果に

70歳455名を対象にした12年間の追跡調査でも、驚くことに昼寝習慣があると死亡率が高くなるという結果になった

一般的に昼間の短時間の睡眠は有益だと言われているものの、血圧が高まるリスクが5倍になる可能性があるという

さらに昼寝しすぎると、こんなリスクが高まるとも

睡眠障害は、高齢者で多く見られ、とくに認知症リスクのより高い高齢者に多く認められる

高齢者を対象にした調査では、1時間以上の昼寝は、アルツハイマー型認知症の危険性が2倍に増えた

より長く、より頻繁な昼寝は、認知機能の低さや抑うつ症状レベルの高さと関連していた

実は、ちょうどいい昼寝の時間がある

健康のメリットを得るためには「15分間だけ」昼寝するといい!

たった「15分間」の睡眠ではあっても、記憶力や集中力の改善、そして2〜4時間程度の眠気を防止する効果が期待できます

タイマーを15分にセットするといいですよ~。

20分以上眠ってしまうと、昼寝をしないのと同様に昼寝直後のパフォーマンスがいずれも低下

15分睡眠の直前には、コーヒーなどのカフェイン飲料を飲むことがオススメ

熟睡しなくても、効果はあるそうですよ!

昼寝でカバーする生活は、やめること

夜、しっかり眠れていれば、「長い昼寝」でカバーする必要もなくなるはず。

1日の睡眠時間は新生児なら14~17時間、18歳から64歳の成人は7~9時間、それより上の年齢層は7~8時間が望ましい

健康のために毎日最低6時間を目安に。とくに脳を酷使する女性は慢性的に睡眠不足が続くと、うつなどの気分障害が起こりやすくなる

「屋外の光を浴びている」人は、主に屋内で過ごす人と比べて「就寝時間が早く、睡眠時間が長い」ことも判明した

一日のうち、できれば毎朝、日光を浴びる時間を少しでも作ること。

休日に昼寝をしてしまうと、癖がついてしまいます。会社のある平日であっても、昼間に眠くなってしまう

休日に昼寝でカバーすることは、クセになり悪循環になるそうです。

1





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。

このまとめに参加する