1. まとめトップ

はじめての香港と10のあるある〈必勝ガイド〉

香港旅行にかなり役立つ情報と、番外編でどうでもいい面白情報をお届け!!

更新日: 2017年06月20日

advernyaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 8689 view
お気に入り追加

先日香港に行ってきました。初心者が香港に行く前に知っておきたい香港あるあるを10個まとめました。

【目次】

(1)地下鉄はトイレがない。マックで借りる。
(2)マクドナルドが消滅したパラレルワールドに迷い込む
(3)真冬でもクーラーがキンキン
(4)カード番号部分がフラットなクレジットカードは、使えない事がある
(5)夜のピークトラムは乗車1時間待ち
(6)ピークトラムに乗車したら、迷わず進行方向右側を陣取る
(7)シンフォニー・オブ・ライツはiPhone撮影動画だと、なんかレーザー光線が薄い
(8)SIMはツーリストSIMがおすすめ
(9)交通カードは日本と同じで、乗り物にも買い物にも使える。
(10)地下鉄内は飲食禁止、スーパーのレジ袋は有料

(番外編 1)LCCだと香港空港の端から端まで歩く事があり、その距離は渋谷〜原宿間と同じ
(番外編 2)香港空港でAとBの出口を間違うと、東京ドームの幅くらい歩くことになる
(番外編 3)タイガーバームガーデンの跡地はどうなってる?
(番外編 4)香港の高層マンションはサイコガンダムより全然大きい

(1)地下鉄はトイレがない。マックで借りる。

事前にネットで知っていたのですが、たしかにほとんどなかったです。駅員に「トイレはどこですか」と聞いたら「地上のマックにあるよ」と言われた事が2回ありました。

ネットで調べると、実は地下鉄にも看板が出ていないトイレがあって、使わせてくれる時もあるとの書き込みも。

地上で「駅にトイレあるよ」と言われた事も一度あったのですが、見つけられませんでした。日本の駅だと、いつでもどこでも駅員に質問できますが、その駅は一度改札から出ると外からは駅員と接触不可能でした。

ホスピタリティが低すぎる、、、orz

(2)マクドナルドが消滅したパラレルワールドに迷い込む

★★★ 韓国・台湾では通じたのに、香港では通じない!?

トイレに行きたくて駅の掃除のおばさんとか、通行人のOLさんに「マクドナルド知ってますか?」と誰に聞いても知らない!!地図では、絶対この近所にあるはずなのに。

「Do you know マクドナルド?」
「?」「?」「?」「I don't know!!」

次元の裂け目から、マクドナルドのないパラレルワールドに迷い込んでしまったのか!?

と思ったら、発音が悪いだけ。日本のカタカナ発音で「マクドナルド」と言っても通じませんから、残念!!何人目かで、ちょっと早口目に「メクダーノウズ」と言ったらやっと通じました。

「Do you know メクダーノウズ?」
「Oh!メクダーノウズ」「メクダーノウズ!」「メクダーノウズ!!イエス!!」

「イエス高須クリニック!」くらいのイエスが返ってきました。

韓国や台湾では和製英語でもバンバン通じていたので、香港でも通じると思っていたのは大間違いでした。韓国や台湾の人は語学スキルが高く、自国語・英語・日本語を話せるトライリンガルな店員が結構多かったのです。だからインチキ英語でも汲み取ってくれていたのでした。

香港でも観光地では日本語をしゃべるスタッフもいますが、街でその辺を歩いている人に道を聞いても、日本語は全く理解してくれませんし、発音が悪いのも考慮してくれません。

そして比較的あっさりしているという印象を受けました。日本で道を聞くとかなり懇切丁寧に、店員なら外に出て方角を指差してまで寄り添って説明してくれますが、香港ではそんな雰囲気はありませんでした。

(3)真冬でもクーラーがキンキン

★★★ 亜熱帯なのでそもそも暖房がついてない

画像はイメージです(笑)

香港は真冬でもエアコンでガンガンに冷えてます。

今年(2016年)の1月は日本にも大寒波が来ましたが、香港も十数年に一度の大寒波。めちゃめちゃ寒かったんですが、バスの中もクーラーがキンキンでした。
冬はダウンジャケットなどの厚物必須、夏も薄手の長袖のブルゾンやカーディガンを一枚持って行った方がいいでしょう。

ネットで調べると
(1)香港は湿度が高いのでジメジメを解消するために年中クーラーを掛けっぱなし
(2)香港人はクーラーは換気もしてくれると信じている
(3)そもそもエアコンに暖房がついていない(亜熱帯ですから)
などの要因があるそうです。

(4)カード番号部分がフラットなカードは、使えない事がある

★★★ VISAデビットカードの人は要注意です!!

〈最初に〉海外では、ホテルのチェックイン時にクレジットカードの提示は必須のようです。今まで、韓国や台湾ではその様な事はなかったので知らなかったのですが、香港ではクレジットカードの提示を求められました。ググってみたら、これが普通で世界標準の様です。
(大手旅行代理店のパックツアーでもホテルチェックイン時にはフロントで個別にクレジットカードの提示が必要です。チェックアウト時に冷蔵庫やルームサービスなどを清算するための事前登録チェックです)

カード番号の数字部分が「エンボスレス」なカードは、ホテルなどで利用を断られるケースがあります。実際、パンダホテルで使用を断られました。

ちなみに、2016年時点ではこの写真の2枚はエンボスレスです。

(◯)エンボス・・・使えます
(×)エンボスレス・・・使えないことがあります

香港に限った事ではないのですが、エンボスレスのVISAデビットカードは支払いに使えない事があります。昔ながらのカーボン複写の明細は、数字の凸凹を利用して「ガッシャンコ!!」と打刻するので、エンボスレスのフラットなカードは使用を断られます。

事前に他の人のブログで「現地で現金を引き出す事を考えて、念のために系列が違うカードを2枚持って行った方がどこでもお金を下ろせる」という記述を読んでいて、たまたまカードを2種類持って行っていたので、このような別件にもたまたま何とか対処出来ました。

(5)夜のピークトラムは乗車1時間待ち

★★★ スカイ100ならガラガラですよ(入場料高いけど)

季節や曜日によっても違うのかもしれませんが、夜9〜10時のピークトラムは地上駅で1時間待ちでした。しかし九龍のスカイ100はガラガラで貸切状態。のんびりしたい人は、スカイ100で夜景を見た方がいいかもしれません。

ピークトラムはいくつか途中駅があるのですが、なぜか地上から山頂までノンストップでした。え、何で!?と帰国後ググってみたら、バスと同じようにボタン停車式で、降りる客がいないと停車しないのだそうです。

1 2 3





「東京広告なび(TOKYO AD navi)」の国境なき屋外広告ルポライター、M.C.モトハルです。
毎週、東京の広告、世界の広告を紹介していきます。