1. まとめトップ

声優 中村悠一画像&エピソードまとめ

月刊少女野崎君 野崎梅太郎、うたのプリンスさま 月宮林檎、おそ松さん 松野カラ松、銀魂 坂田金時などで知られる人気男性声優中村悠一さんのまとめです。

更新日: 2016年07月09日

22 お気に入り 87559 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Kaleenaさん

愛称ゆうきゃん、肉村(DGS内)
出生地:香川県木田郡庵治町(現・高松市)
誕生日:1980年2月20日
血液型:B型
身 長:175 cm
事務所:シグマ・セブン

映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』で磯部勉に憧れ声優を志し始めた。声優以外だとゲーム制作か格闘家になりたかったらしい。

高校卒業後、声優になるために上京。当時は映画の吹き替え志望だった。代々木アニメーション学院に入学し、寮生活を始める。代々木アニメーション学院を卒業後、東京ドラマハウス、トリトリオフィスを経て、現在はシグマ・セブンに所属。

2001年、『電脳冒険記ウェブダイバー』のグリフィオン、ライガオン役で声優デビュー。デビュー当初はナレーターとして活躍する一方で、アニメ・ゲームなどでは名前のある役柄を演じることは少なかった。

ゲームのデビュー作はサモンナイト3であり、
東京エンカウントによると、ウェブダイバーが終わってから何もしていなかったのに、突然指名で呼ばれたらしい。

2006年にゲーム『ヴァルキリープロファイル2 シルメリア』のルーファス役を獲得する。翌年には『おおきく振りかぶって』の阿部隆也役を獲得。同年テレビアニメ『CLANNAD』の岡崎朋也役で主演。

この年以降は他作品の主要キャラクターを次々と演じ、徐々に名前を知られるようになった。2008年には、ノン子とのび太のアニメスクランブルにて第18回最優秀男性声優賞を受賞した。

主に演じる役は10代の少年から20代の大人の男性。ナレーションの実績が豊富で、アニメなどでも多数の作品に出演するなど活躍している。

正統派主人公や爽やかな好青年から、ヘタレ、ぶっきらぼうな青年、艶のあるor気狂い染みた悪役、ハードボイルド、果ては男の娘まで違和感なくこなす多彩な声質が特徴。引出しの多さから一作品中に何役も兼ねている場合も多い。

主にクールな二枚目役や美形キャラクターを演じるが、『無敵看板娘』の太田明彦のような二枚目半や、『デュラララ!!』の門田京平のような番長キャラ、『革命機ヴァルヴレイヴ』の山田ライゾウのような不良、『うたの☆プリンスさまっ♪』の月宮林檎のような女性らしいキャラクターも演じている他、『最強銀河 究極ゼロ 〜バトルスピリッツ〜』ではバトルの際に6つの性格に切り替わる主人公を見事に演じ分けた。

また、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』や、『魔法科高校の劣等生』など、兄役の印象が強い。

磯部勉を尊敬している。『BLACK LAGOON』にて共演を果たし、その後『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』でも磯部と共演した。

デビュー当時からの愛称「ゆうきゃん」は、鈴村健一による命名。鈴村の同級生の「ゆういち」という人物の愛称が「ゆうきゃん」であったことから、同名の中村を同じように呼び始めたことが由来である。

1 2 3 4 5 6