1. まとめトップ
  2. カラダ

早く知りたかった…「ホエイ」でご飯を炊くとダイエットに効果的!

ご飯などの炭水化物。おいしいし、食べたいけど、太りたくないですよね。そんな時は、ヨーグルトの上に溜まった水分「ホエイ」(ホエー)で炊くとおいしく、しかもダイエットになります。その理由と炊き方をまとめてみました。

更新日: 2016年05月23日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
473 お気に入り 85191 view
お気に入り追加

▼ダイエット中に炭水化物…食べたいけど抵抗ありますよね。

パンに麺にご飯などの炭水化物。
おいしいし、食べたいけど、太りたくない。

▼でも、やっぱり米が好きなのよ♡

焼肉行ってひたすら米を食べ続ける程度には米が好き

一人暮らしすると、ご飯が美味しく感じないわとか言いつつ、唐揚げ弁当とベーコンとほうれん草のパスタ食ってるあたり、やっぱり私はご飯が好き

▼そんな時は、食事前か食事と一緒に、牛乳や乳製品を摂るのが◎!

乳製品には、糖の吸収を穏やかにする働きがありますので、食事前もしくは食事と一緒に乳製品を摂ることでダイエット効果もあります。

乳製品には一緒に食べたものの糖の吸収を穏やかにする働きがある

乳製品には三大栄養素(タンパク質・糖質・炭水化物)がバランス良く含まれ、ミネラルやビタミンも豊富です。

▼ご飯自体を糖質オフにしたい?それなら炊く時にホエイを加えて!

ヨーグルトの上に溜まった水分、これは「ホエイ」「ホエー」と呼ばれていて、ラクトフェリンや血清アルブミンなどの美肌作りに欠かせない良質のたんぱく質が多く含まれています。

いつものご飯の味よりも甘みが増しており、
食感もモチモチして、ふっくらした炊きあがりに!

▼ヨーグルトから出て来る水分、ホエイ。これが美容に健康にイイ!

水切りヨーグルトを作ったり、買って来たヨーグルトを放置しておくと分離してできる液体が「ホエイ」。これが美容に健康にイイ!

ホエイとは、ヨーグルトやチーズを作る際に固形物と分離されてできた水溶液のことです。ヨーグルトを長時間放っておくと、上の方に水がたまりますが、それもホエイと言われるものになります。

ホエイ(乳清)とは、牛乳から乳タンパクの主成分であるカゼインを除いたもので、水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラルが多く含まれています。

大部分が水分ですが、ラクトフェリンなどのタンパク質、ビタミン、カルシウムなどを含んでいます。特に、乳清に含まれているタンパク質は、アミノ酸バランスに優れていて、低脂質で効果的にタンパク質を摂取でき、ダイエット中にはうれしい食品

▼でも、ホエイでご飯ってどう炊けばいいの?

1・お米を研ぐ
2・ホエイを入れて、足りない分は水を加える
3・炊飯器のスイッチをオン

米をといだら、ホエーを加え、
ごはんの分量に合ったメモリまで水を加えて炊きます。

米(2合)に対してホエー(200cc)と水を入れて炊く。こうするとほんのり甘味がでて、冷凍してもモチモチ感が残ります。

ホエイはミネラル分が豊富なため、最初からホエイで白米を吸水させると充分に水を吸い込みません。まずは普通の水で吸水させ、炊くときに水を換えて、ホエイを加えましょう。ホエイの分量は、炊くときに入れる水の半分以下を目安に加えます。

1 2





lulu0803さん