1. まとめトップ

東京大虐殺のホロコースト!1945年東京大空襲による無差別殺人!第二次世界大戦で米軍が戦争犯罪

第二次世界大戦1945年に行われた東京大虐殺(ホロコースト東京大空襲)では、ひと晩で8万人が死亡しました。無差別大量殺人によって殺された38%が20歳以下でした。東京大虐殺の主犯は、アメリカ陸軍航空軍司令官ヘンリー・アーノルドでした。

更新日: 2017年09月17日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 17010 view
お気に入り追加

*東京大空襲が行われた背景には、『当時のアメリカで生産余剰が発生しており、爆薬が余っていたから』という事が真実です。

軍事基地とは全く関係のない都市爆撃によって、多くの無実の市民が虐殺されました。

B-29爆撃機344機による爆撃は、まず40k㎡の円周上に焼夷弾を投下し、東京の住民が逃げられないようにした後、東京市の隅田川沿岸地区を中心にその円の内側を塗りつぶすように約40万発(1平方メートルあたり3発、総重量2000トン)もの油脂焼夷弾、黄燐焼夷弾やエレクトロン焼夷弾が投下され、逃げ惑う市民には超低空のB-29から機銃掃射が浴びせられました。

◆1945年に行われた東京大虐殺

東京の中心部が焼け野原になり、2時間で8万人が死亡しました。

東京は四回に及ぶ米空軍による焼夷弾空襲で焼野原になりました。特に3月10日未明の空襲は大規模な空襲で、8万人を越える焼死者が出るなど被害は甚大で、東京大空襲と呼ばれます。

東京大虐殺では、大量のB-29によって日本人に対する大量虐殺が行われました。

大量虐殺の兵器として開発されたB-29が日本に無差別の爆弾投下を行いました。

◆ 東京大虐殺で死亡した多くが20歳未満

東京大虐殺で死亡した大多くの人が20歳未満でした。

東京大食う主によって、東京の中心部が集中的に空襲を受けました。特に木造家屋が集中していた上野から森下・清澄白河の周辺は、ほとんど何もない平野となってしまいました。

ルメイ氏は、それまでの軍需工場への精密爆撃をやめ、一般市民を多数巻き込む無差別都市爆撃を計画した。ルメイ氏は戦後、自著で無差別爆撃を「全ての日本国民は航空機や兵器の製造に携わっている」と正当化している。

◆無差別爆撃による女性・子供の大虐殺

東京の文化の多くが失われました。

沢山の市民が折り重なって亡くなりました。東京中が死体だらけになりました。

多くの女性が死んでいます。

大量の人が路上で焼け死んでおり、後から錦糸公園などに埋められました。

第二次世界大戦中に行われた無差別爆撃で多くの市民がなくなりました。東京で行われた大虐殺の写真です。

死体の人数などを記録しています。

大戦中は、目立たないように黒塗りされています。

◆東京大虐殺の主犯 ヘンリー・アーノルド

東京大空襲ホロコーストによって、10万人以上の人命を奪った虐殺者。民間人30万人をB-29を使って焼き殺しました。

防衛大学校の源田孝教授(軍事史)は「当時ルメイ氏は少将にすぎない。爆撃は全てアーノルド大将の命令で実行された。ルメイ氏は組織人として上官の期待に忠実に応えただけだ。

1945年2月、アメリカは焼夷弾などを使用した無差別爆撃であるドレスデン爆撃を実施。同爆撃の非人道性が問題になった際、アーノルドは「ソフトになってはいけない。戦争は破壊的でなければならず、ある程度まで非人道的で残酷でなければならない」と語っている。

大量虐殺を行いましたが、戦争犯罪者として裁かれていません。

◆ 焼夷弾を利用した東京大虐殺

1 2





misukiruさん