フランス国内で被害にあう観光客などの外国人が増加傾向にあり、現地フランス警察も頭を悩ませています。※フランスでは”Roumain(ルーマニア人)”という言葉がスリ師の代名詞のように使われるくらいです。

出典まとめ:世界一の観光都市だけど危ないパリ。 覚えておきたいパリの危ないところとは? 〜北駅、東駅、モンマルトルなど、市内北部中心に危ない地域が点在〜: ヨシスケ 独仏出張&AirBnB民泊日記

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

パリ旅行で注意したい治安の悪い地区!観光地でもスリが多発するパリの現実

パリの旅行で気を付けたい犯罪についてまとめました。パリでは、治安が悪い地域が非常に多いので注意が必要です。特に北側のエリアは、移民が多くて非常に治安が悪いので注意するようにしましょう。

このまとめを見る