1. まとめトップ

【真田丸】実は後半のキーマン!茶々の乳母役・峯村リエ

『真田丸』で注目の茶々(竹内結子)の側に静かに使えながら、たしかな存在感を漂わせている乳母・大蔵卿局(峯村リエ)。実は後半のキーマンともいうべき最重要人物。演じる峯村は劇団「ナイロン100℃」の看板女優の一人であり、堤幸彦監督作品の常連。CMのビオレママ(声)でもあった!

更新日: 2019年02月02日

4 お気に入り 96604 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

■竹内結子演じる茶々の側に使える乳母

茶々の行動を監視するように見つめながらも表情ひとつ変えず付き従う乳母役の大蔵卿局。

乳母・大蔵卿局(峯村リエ)が「あのお方は、哀しむのを やめたのです」と言うところで、彼女は彼女で裏の顔があることがわかる。大蔵卿局は乳母だから、彼女の悲劇をずっと見つめてきたのだろう。

大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)…峯村 リエ (みねむら りえ)
茶々(淀)の乳母。茶々の 信頼あつく、息子・大野治長らとともに茶々の波乱の人生を見守り、支える。

■実は「方広寺鐘銘事件」では家康との交渉もつとめる重要人物

大蔵卿局は浅井三姉妹の長女茶々(淀殿)の乳母である。その出自については定かではないが、浅井氏の家臣の娘であったともいわれている。

京都方広寺鐘銘事件で、淀殿の使いとして,豊臣秀頼の陳謝使片桐且元(かつもと)に同行。駿府(すんぷ)の徳川家康に面会し和解をもとめたが、和解はならず大坂の陣がおきる。

豊臣秀頼が京都方広寺の大仏を復興し、梵鐘を鋳造した際、その鐘銘に〈国家安康〉の文字があったことから,徳川家康が家康を二つに割いたと難癖をつけた。

三人の息子は豊臣秀頼に側近として仕えている。

■息子・大野治長は大阪方の中心となるが、秀頼の実父説も

大野治長は茶々(竹内結子)の乳母である大蔵卿局(峯村リエ)の子。大坂の陣においては豊臣家を主導するが消極策に終始し、真田信繁(堺雅人)としばしば対立する。

治長は、大坂方の中心人物の一人として豊臣家滅亡にいたる大坂の陣において、母大蔵卿局とともに淀殿・秀頼の側にあって共に最期を遂げた。

今井朋彦(文学座)

『真田丸』で大野治長を演じる

淀殿のお相手として名前が挙がるのは、淀殿とは乳兄弟の大野治長。大野治長に関しては、秀吉死後のことではあるが、慶長4年(1599)10月朔日(ついたち)付の同時代史料が遺される。

淀殿=茶々

毛利輝元の重臣内藤隆春が上方情勢を報じた中に、淀殿と大野治長の「密通」の噂が書き留められ、本来なら切腹を申し付けられるべきところ、宇喜多秀家がかばい、治長は高野山に逃げたと記される。

■演じる峯村リエといえば『民王』では、あの総理の妻

武藤綾…峯村リエ
泰山の妻 で翔の母。若き泰山の志に惚れて結婚したが、政治家になった途端、女性問題などが 起き、いまや夫婦関係は冷え切っている。

民王。般若&なぎなたで襲いかかるも、NPO的活動に1億円ポーンと投資するなんて、もっとも男前だった峯村リエ。そして貝原の抱擁と涙。金田明夫の手練れな部分は繰り返し拝みたい。終わっちゃったねー。

■朝ドラ『まれ』にも出演していた

希と沙耶の母・葉子(峯村リエ)とのやりとり。視聴者が言いたかったことを葉子が言ってくれ、溜飲を下げる人続出だったことでしょう。間合いの巧い峯村リエによって気まずさが一層極まりました。

#まれ 136話 出演者チェック 沙耶の母・沢葉子役:峯村リエさん siscompany.com/02manage/42min… @riemine 矢野顕子さんではありません pic.twitter.com/tncyyp9Wjh

#まれ 総理大臣のファーストレディであるからか、なんとなく上から発言をしてくる 沙耶のお母さんww(※峯村リエさんは、#民王 で 武藤泰山の妻、武藤綾を演じています) pic.twitter.com/7enb1jR4m8

「まれ」で池谷のぶえさん峯村リエさんと来て もうこれは三宅弘城さん出ないとおかしいと思ってたら「あさー」に三宅さん出てて納得した 「まれ」ビシバシステム起用はバカうけ #まれ #あさが来た

■堤幸彦作品の常連ともいわれる

1999年、テレビにも進出し、「ケイゾク」「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」「スシ王子!」など堤幸彦監督のお気に入りともいわれる。

1 2