1. まとめトップ

少子化なのに保育園が足りない理由 【保育園と幼稚園の違いについて】

保育園って本当に足りていないのか?少子化なのに足りないなんて・・・昔は子供が多かったのに話題にならなかったこの不思議にせまってみます。

更新日: 2017年09月04日

1 お気に入り 18368 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gojalさん

◆ そもそも保育園と幼稚園の違いってなに?

管轄の違い

保育園と幼稚園の根本的な違いとしましては、保育所は『厚生労働省が管轄している児童福祉施設』となっており、幼稚園は『文部科学省が管轄している学校教育施設』と位置づけられています。このように管轄が違えばルールにも違いがでてきます。

先生の違い

まず保育園では、保育士資格を持った『保育士』がいなければいけません。
幼稚園ではどうでしょう?幼稚園の先生は『幼稚園教諭』という資格を持っています。二つとも子供に関わる仕事として同じ業界なのですが、保育士免許で幼稚園の先生になることできず、逆の幼稚園教諭免許で保育士として働くこともできません。

入園条件の違い

保育園では、両親の仕事や病気などの理由により、子供が保育に欠ける
状態であることを認められなければなりません。(特に公立保育園)

幼稚園では特に条件はありませんが、人気の高い幼稚園では、面接や適正テストをして実施する場合もあります。

保育内容の違い

保育園では目的が「日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること」(児童福祉法第39条)とあり、
基本的に生活面を中心とした指導になります。

幼稚園では目的が「幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること」(学校教育法第77条)とあり、
学習面を中心とした指導になります。

◆ 保育園が足りてないと話題になるが・・・ホント?

日本は少子高齢化が進んでいるのに、何故保育園が足りない状態になっているのか疑問を感じる方もいらっしゃると思います。

実は全国の半分以上の県で保育所は足りている

東京や神奈川などの首都圏に住んでいると、「日本全国で保育所が不足しているというのに、政府は何をやっているんだ!?」と思いたくもなるでしょう。

 しかし、日本全国で見てみると、決して保育所が不足しているわけではありません。保育所の定員が足りなくて「大変だ」と騒いでいる自治体の数は、限られます。実は全体の2割だけなのです。

「隠れ待機児童」は全国に80万人以上いると言われている

一般的には待機児童は全国に約2万と言われていますが、幼稚園に行く方や保育園にも幼稚園にも行かない方も含めるともっと多いと言われています。しかし実際は全国的には保育園が多く、むしろ保育士の方が足りてないと言われています。

◆ 全国的に保育園はどれくらいあるの?

保育園は全国に約24,000
幼稚園は全国に約13,000

※2015年調べ

地方に関しては、保育所に子どもがいなくで廃園するケースも多いとされています。

そのため、日本全国で保育所の数を見るなら、むしろ保育所は多すぎると言えるかもしれません。

◆ 全国に24,000ヶ所あっても足りないの?

全国的に見ると施設数よりも保育士が足りない

保育というのは、どう頑張っても労働集約型で、例えば認可保育所の規定だと、0歳児が3人いると保育士は1人必要だし、1歳・2歳児が6人いたら保 育士は1人必要です。だから預けたい人に比例して必ず保育士も必要になるのですが、これがまた足りない。その理由の1つとして、保育士の給料の低さが挙げられます。

一度保育士になって働いても、辞めてしまって戻らない「隠れ保育士」がいます。その数にして約57万人

幼稚園よりも保育園を利用する方が多いのは何故?

保育園の利用料と幼稚園の利用料だと全国的に保育園の方が安いからになります。安いし長時間預かってもらうことが出来る施設が多いのが人気の理由です。

保育園は基本は8時間 幼稚園は基本は4時間 預かればよいというシステムやルールの差もあります。

そして保育士は利用料が安いのに沢山の保育士が必要なので人件費も安くなります。

◆ ホントの問題は保育園のシステムなのでは???

預けることが難しいのは、認可保育所と呼ばれる都道府県が認めた施設になります。

認可保育所は、国の基準を満たした設備や人員を満たしていますし、保育料も世帯収入によって決まるので、それほど高額になることはありません。

一方で認可外保育所は、公的な援助を受けていないこともありますし、保育料も自由に決めることができるので(都道府県が上限を決めている事もあります)、認可保育所よりも割高になりがちです。

近年の流れとしまして、「保育園と幼稚園を一元化しようではないか!」という動きがでてきました。

その背景には、広がる保育園のニーズに対応する為に保育園のいいところと幼稚園の良いところを組み合わせなければならなくなってきたのです。保育園でも学習面に力を入れて欲しいというニーズや、幼稚園でも、もっと保育時間を延ばして欲しいというニーズが高まってきたからです。

こうして幼稚園と保育園を一体化させることで働ける職員の数を確保して双方のイイところを活かして子供を預かることが可能になります。

1